What is TokyoPros.

■TokyoPros.に込める思い。

脚本家の倉本聰さんの著書に、こんなメッセージがありました。
———————————————————————
佐野真一さんの労作『日本のゴミ』(ちくま文庫)の冒頭にこういう文章が
あるので引用させていただく。

「バブル経済が登場する二十年も前の1970年代はじめ、某大手広告代理
店が『広告戦略十訓』なるスローガンをつくった。

1)もっと使わせろ
2)捨てさせろ
3)ムダ使いさせろ
4)季節を忘れさせろ
5)贈り物にさせろ
6)コンビナートで使わせろ
7)キッカケを投じろ
8)流行遅れにさせろ
9)気易く買わせろ
10)混乱をつくりだせ

大手代理店がどこを指すのかは明記されていないが、三十年前にたてられた
この代理店の戦略が、見事なくらい効を奏し、今この国を、この国の状態を
産み出したことは事実である。彼らはひそかにほくそ笑み、乾杯しているに
ちがいない。

(中略)

企業を肥えさせ、景気を回復させ新しい時代をきりひらくのも結構である。
しかしこのことで僕らは、僕らの心の中は本当に豊かになったのだろうか。
今求められていることは、真の豊かさへの戦略ではあるまいか。

『富良野風話』 倉本聰著 理論社
———————————————————————

ぼくが心豊かに感じられるのは、どんな時なのだろうか、ぼくは思いを巡
らせていました。そして、こんな言葉が心に浮かんだのです。

「ぼくは、木が好きだ。」

ぼくは、木のそばを歩いているだけで、すがすがしい気持ちになり、森の
中に入っていくことで、エネルギーをもらい、樹齢数千年の大樹に愛おしさ
を感じ、木の香りのする部屋に居るだけで、心が安らぎ、体の中が自然に元
気になって行くのを感じるのでした。

また、スペインの音楽に興奮してしまうのは、あのフラメンコギターの木
の響が好きだからで、ディジュリドゥの音に感動を覚えてしまうのは、演奏
者の内なる声がユーカリの木の振動音と重なり合い、ひとつの言葉として聴
こえてくる不思議さからでした。

ぼくは、「木が好きだ」という気持ちを人と共有したい、そして、好きな
ものは大切にしたいと強く思うようになりました。

都会に居ながらも、木を感じられる空間、ぼく達と自然との繋がりを確か
められる時間、そして、人と人の心の繋がりを感じられる体験、今生きてい
るこの瞬間に感謝の気持ちを持てる機会を創ることができれば、本当の意味
での「豊かな」ライフタイルに気付くきっかけになるのではと思いました。

そして、ぼく達が「楽しさ」を求めてやってきたことが、結果として地球
を傷つけてしまっていたのならば、今度は楽しみながら地球を青くするこ
とも可能なんだと思います。

ぼくは、TokyoPros.のイベントというぼくの手作りのメディアを通して、
こんな思いを伝えて行ければ、と思っています。

東京プロフェッショナルズ主宰 青樹洋文