News # 42:『風人の祭 2003』

 トウキョウから西表の未来を考える

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

     By Hiro Aoki

News # 42:『風人の祭 2003』

今日の午後、何をしていますか?

僕は、西表島の人たちの祭りに参加するため、六本木に行きます。

そして、KNOBさんと泡盛を飲んで、踊ります。

カリーーイ♪ (沖縄方言、カンパーーイ♪).

KNOBさんからのメッセージです。
———————————————————————
■629のイベントについて

今回の会場になる旧三河台中学校は、僕が毎日通っていた学校です。

六本木に生まれ育った僕らには、なかなか自然の驚異、裸の自然に触れる機
会がありませんでした。日本の伝統的なものも、あまり伝わってきませんで
した。都会の中で過ごし、都会の中に少しだけある自然。それが自然なんだ、
とさえ思っていたかもしれません。道にゴミを捨てても、タバコを投げ捨て
ても、なんとも思っていませんでした

ところが、芸能界で仕事をするようになり、日本や地球のいろいろな所に行
くようになり、少しずつ、少しずつ、僕の中で何かが変わっていきました。

決定的だったのが、オーストラリアのノーザンテリトリーに行ったときのこ
とです。赤い砂が、どこまでもどこまでも、果てしなくあり、はじめて地球
に来た人がここに降り立ったら、地球は赤い砂の星だときっと思うことでし
ょう。そして、魂が揺さぶられたディジュリドゥ。この天然空洞木との出会
いが、僕に地球という存在の大きさ、深さ、大切さを実感させてくれました。

また、日本に帰ってきてから沖縄に行く機会が何度もあり、行ったりしてい
る間に、沖縄にも自分が忘れかけていた自然と共に生きていくこと、音楽が、
芸術が、宗教心があたりまえのように生活の中に在り、人間としての本来の
姿を思い出させてくれるようでした。

まーちゃんバンドに出会ったのは、表参道のスパイラルにフラッと入りぶら
ぶらしていた時。地下のCAYで、西表島のアーティストのライブがあるからと
入ってみたのが初めてです。東京のど真ん中で、みんなが本当に楽しそうに
カチャーシーで踊り、音楽もとても響いてきました。そして、それから一度
ライブでセッションしたのですが、今回の三河台でのことは全くの偶然でび
っくりしました。というか、必然なんだと思っています。

もし、僕が子供のころに、ここの中学の体育館で沖縄音楽で踊り、ディジュ
リドゥや自然の楽器に触れることができていたら…

そんなことを考えると、本当に一人でも多くの人に触れてもらいたい、感じ
てもらいたい。あまりの開発で、時代についていけない六本木に住むお年寄
り、これからの子供たち、若者たち……

本当ににぎやかで、楽しく、心に響くお祭りだと思います。

KNOB [中村 亘利] www.knob-knob.com
———————————————————————

KNOBさん、ありがとうございました。

では、今日六本木でお会いしましょう!(^-^)/

Hiro

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トウキョウから西表の未来を考える『風人の祭 2003』

「今、沖縄県八重山列島、西表島で大規模リゾート計画が進行しており、自
然や人間にとって大切な物が失われようとしています。南ぬ風人まーちゃん
を中心に島を愛する人たちが集い、西表島の未来を考えるイベントに、KNOB
も参加します。」 by KNOBさん

【日 時】:2003年6月29日(日)12:00~18:00
      Live start    14:00~
【会 場】:旧三河台中学校体育館
      ※地下鉄六本木駅下車 俳優座ビルの横を入る
【入場料】:無料/但し、カンパ金の呼びかけを検討中
【出演者】:南ぬ風人まーちゃん (島唄) ”西表島出身”
      池田卓 (島唄)  ”西表島出身”
      寿 (沖縄SOUL MUSIC) 
      風人ブドゥリ太鼓 (沖縄エイサー)
      KNOB (ディジュリドゥ) ”三河台中学卒業”

詳細は、南ぬ風人まーちゃんのホームページで。
  http://www.painukaji.com/marchan/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Comments are closed.