News # 33:アフリカな人々

   アフリカな日々 その3

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

     By Hiro Aoki

News # 33:アフリカな人々

 ワガンさんと知り合ったのは1ヶ月前。その後、アフリカの音楽やダンス、
そして太鼓を愛するたくさんの「アフリカな人々」にお会いしました。

●『アフリカ大陸』の岸村美保さん

 『アフリカ大陸』は、吉祥寺にあるアフリカン・フード・バー。ワガンさ
んのライブがあったので、行ってきました。オーナーの岸村美保さんは、子
供のころアフリカで育ったそうで、お料理は本場仕込み。食材は帰郷した元
スタッフが、アフリカから送ってくれているとのこと。

 「アフリカ料理って、口に合わない日本人もいるのよ。
  でも、この味は変えられないわ。だって、この味が恋しくて、わざわざ
  食べにきてくれるアフリカ人がたくさんいるんだもの。」 (美保さん)

 お店の内装は、セネガルにあるバーを意識して作ったとのこと。照明には
赤いセロハンが巻きつけてあって、ちょっと怪しげな雰囲気。20名も入ると
いっぱいの店内に、当日は30名以上のお客様が。

 「踊らない人は、カウンターの中に入ってね。こっちのほうが広いわ」

 ライブが始まったら、美保さんはお店から出て行ってしまいました。店外
でも太鼓の音が聴こえているらしく、楽しそうに踊っている姿が、ガラス戸
の向こうに見えていました。

 『アフリカ大陸』
   http://www.yashizake.com/index.htm

●『アフロ・アシェー』のうめつまどかさん

 『アフロ・アシェー』は、アフリカ・アフロブラジリアン・ダンスで浅草
サンバカーニバルへの参加を目指すグループ。今年も8月のカーニバルに向け
て参加者募集中。定員100名。年齢、性別、国籍不問。ダンス経験のない初心
者の方も大歓迎とのこと。

 「プロとかセミプロじゃなくても、踊りたい人だったら誰でも大歓迎!」
  (まどかさん)

 アフリカの音楽は、とても敷居が低くて、誰でも気軽に入り込めるのが魅
力なんですね。だんだんわかってきました。(^-^)

 第1回目の合同練習は6月8日、祐天寺にて。詳細はこちら。

 『アフロ・アシュー』
   http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/6885/afro.html

●『JerJef』のKazuさん

 『アフロ・アシュー』主催のパーティに登場していた、アフリカン・パー
カッション・グループの『JerJef』+ ダンス・ユニット『RORO☆』。

 「今日はこのグループを聴くために、集まった方も多いんじゃないかしら」
  (まどかさん)

 確かに、彼らの登場で会場の盛り上がりは、最高潮に達していました。

 Kazuさん率いる『JerJef』はかっこよくって、女の子二人組みのダンスユ
ニット『RORO☆』は、青のアフリカン・ドレスがとっても似合ってました。

 『JerJef』の弟分『Sewa』が、6月12日(木)にXANADUのクラブ・イベント
“bitter”に出演予定。出演者のほとんどが女性のイベントだそうで、少年太
鼓隊(?)の『Sewa』は、深夜2時前後に出演予定とのこと。

 『XANADU』
   http://www.xanadu.ne.jp/

 「JerJef、RORO、Sewa はあまりまだ知られてないので、これからがんばっ
  ていきます。」

と、Kazuさんからメールを戴きました。(^-^)

 『JerJef』
  http://www1.neweb.ne.jp/wb/jerjef/

●そして、セネガルのワガンさん、

連日連夜のライブ出演で、お疲れかな?

7日、よろしくお願いしますね。(^-^)/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★『セネガル・パーカッション “サバール” ワークショップ
             ~ アフリカの元気を叩き込もう! ~ 』★☆

http://www.tokyopros.com/J/program-wagane.html

 西アフリカを代表する打楽器奏者、ドゥドゥ・ンジャエ・ローズの息子、
ワガン・ンッジャエ・ローズさんをお招きして、セネガルの太鼓「サバール」
のワークショップを行います。ワガンさんが優しく教えてくれますので、太
鼓初心者、サバール初体験の方も大歓迎です。(^-^)

【インストラクター】:ワガン・ンジャエ・ローズ Wagane Ndiaye Rose
【日時】:2003年6月7日(土) 19:00-22:00
【場所】:すみだパークスタジオ3階 Drastic Dance “O” スタジオ
     東京都墨田区横川1-1-10 3F
     地図 → http://www.drasticdance.com/drastic_map.html
【会費】:4000円(参加費) + 500円(サバールレンタル料)
     ※交流会1ドリンク付き
     ※要予約、事前銀行口座振込み。
      当日受付支払いの場合は500円プラスとなります。
      Tokyo Pros.初参加のご友人をお連れ戴いた方には、ご友人共
      500円引きとさせていただきます。
【内容】:・セネガル、サバール、タンヌベールについのビデオプレゼン
      テーション
     ・サバール・ワークショップ
     ・交流会
【締切】:2003年6月5日(木)まで 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ワガン・ンジャエ・ローズさん プロフィールと主な経歴

1971年、 西アフリカの伝統を継承するパーカッション(サバール)の第一人
者ドゥドゥ・ンジャエ・ローズの息子としてセネガルダカールに生まれる。
幼少より打楽器を学び、8歳よりプロとして活動。世界各地で演奏、ワークシ
ョップなどを行い、97年単身来日。以来、日本を拠点としてサバールを始め
としたアフリカ文化の紹介などを積極的に行っている。

1989 フランス革命200年記念祭に出演
ニューヨークでローリングストーンズと共演
1990 日本ツアー(フェスティバル コンダ・ロータなど)
1992 ロンドンでローリングストーンズと共演
エリック・セラ プロデュース”DJABOTE”(CD・ビデオ)出演 
1995 NHKスペシャル ”地球シンフォニー”に出演
“世界ウルルン滞在記 ”白井貴子編”に出演
1997 アメリカでソロ活動とワークショップを開催
ライブ盤CD”LAC ROSE”参加
日本に拠点を移し、自身のグループ”Sophie Ker Gi”を結成
2001 イタリア ヴェネチア・ヴィエンナーレにYAS-KAZユニットとして参加

■主な共演者
ローリング・ストーンズ、ジェイムス・ブラウン、ピーター・ガブリエル、
スティービー・ワンダー、加藤登紀子、林英哲、鼓童、坂田明、綾戸智絵、
おおたか静流、YAS-KAZ、渡辺貞夫ほか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんな方にお奨めです。

1)「アフリカな人々」の仲間入りをしたい方
2)アフリカの太鼓を思いっきり叩いて、元気を注入したい方
3)アフリカ大好き、音楽大好き、ダンス大好きな方、等々
———————————————————————

<お問い合わせ・参加お申し込み>

お問い合わせは、青木(info@tokyopros.com)まで、メールでご連絡ください。

参加お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青木(info@tokyopros.com)
までメールにてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tokyo Pros. African percussion “Sabar” workshop に申し込みます。

お名前:
会社名/学校名/所属団体名等:
職種等:
性別:
メールアドレス:

連絡欄:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
では、7日にお会いできるのを楽しみにしています。(^-^)

Hiro


Comments are closed.