News # 199:うしろ姿

   YouTubeで見つけた

  東京プロフェッショナルズ
  ~Tokyo Pros. Newsletter ~

    By 青樹劇場

News # 199:うしろ姿

 龍村仁監督のチベットのお話しがお聞きしたい。そう思ったのは偶然見つ
けたこの映像がきっかけでした。ある集まりで、マイクを片手にチベットで
の「地球交響曲第二番」の撮影のエピソードを語る龍村さんのうしろ姿が、
とても気になってしまったのでした。

▽YouTube

http://jp.youtube.com/watch?v=lMnAKkVyB6w&NR=1

____________________________________________________________________

 チベットのお正月にダラムサラに行きまして、ずっと法王とご一緒してい
たんですが、その真冬の時期にもヒマラヤを越えて子供達が、おばさんなど
に連れられて亡命してきていました。

 その中にこういう少年がいました。歳は九歳ぐらいです。背中に三歳くら
いの妹を背負って、冬の山を越えてきました。その途中で実は、妹は凍死し
てしまった。そのなくなった妹を背負ったままで、自分の足や手の指が凍傷
にかかりながら、チベットから亡命政府のあるダラムサラまで亡命してきた。

 チベット子供村(TCV)に入っている子供達は、多かれ少なかれそのような
経験をした子供達が多いんですよね。ところが、その子供達のお正月の風景
を撮影させていただいていると、なんとこの子供達は目が輝いて、いきいき
としているのかなと思いました。普通は、こういう辛い激しいトラウマにな
るような経験をしてきた子供達というのは、心ににとても深い傷を負ってい
るわけですから、凄い悲しみに溢れているはずなのに、この子供達は本当に
子供らしい、輝いた目をしている。

 それはどういう意味かというと、悲しいときには泣く、喧嘩するときには
思い切って喧嘩する、笑うときには心から笑うという子供らしさの表現が凄
いんですね。

 不幸なバックグランドをもった子供達が、何故このような子供達としてそ
だっているのかと思ったときに、ある風景をみました……

                     - 上記YouTubeの映像より -
____________________________________________________________________

 『チベットのほほえみ』というテーマでお話し頂く龍村仁監督の講演会は、
いよいよ今週の土曜日となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■映画監督・龍村仁講演 『チベットのほほえみ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.tokyopros.com/nextevent/jin_tatsumura.html

 前売券(3500円)は5月23日(金)15時迄にお申込、お振込をいただいた分まで
となります。チケットは当日上映会場でのお渡しとなります。

____________________________________________________________________

いつでも、いつでも微笑んでいる人です。どんなシチュエーションでも微笑
を…、というか、もう彼もそうだけど悪ガキそのものなんです。いつでもニ
コニコ笑っておられて、腰が低くて。そして、これは象徴的だと思うんです。
ダライ・ラマ法王が人と会っているときに、彼の顔ではなくて、会っている
人の顔を見ればわかる。しかめっ面した人があっという間に、すっごい素敵
な顔になる。ニコニコッとした。

ということは、言葉より以前に、微笑む内側が、自然に顔が微笑むような内
的な心にすっとなってしまう。微笑をうつす力、それが僕は本当の意味の仏
性だと思うんです。

             『BSフジ 龍村仁ロングインタビュー』より
     「ダライ・ラマ法王はどんな方ですか?」という質問に答えて
____________________________________________________________________

【日時】  :5月24日(土)
       開場18時20分 開演18時40分~20時40分
【会場】  :東京ウイメンズプラザ
【住所】  :東京都渋谷区神宮前5-53-67
       JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅徒歩12分
       営団地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅徒歩7分
【講演者】 :龍村仁(映画監督)
【講演内容】:映画『地球交響曲第二番』ではダラム・サラで、『第五番』
       では伊勢神宮を参拝されるダライ・ラマ法王を撮影された龍
       村仁監督に、撮影でのエピソード、法王、そしてチベットの
       人々の微笑みが秘めた力、そして昨今のご自身のチベットと
       の係わり、支援活動についてお聞きします。
       ※ダライ・ラマ法王の映像もご覧いただきます。
【入場料】 :前売り 3500円(5月23日振込分まで)
       当日  3800円
       ※全席自由席です。
       ※講演費用の一部は、龍村仁事務所よりチベット支援に寄付
        されます。
【振込口座】:1)三井住友銀行 恵比寿支店
        普通 6947382 東京プロフェッショナル
       2)ゆうちょ銀行 記号10170 番号93573601 
        東京プロフェッショナルズ
【主催者】 :東京プロフェッショナルズ 青樹洋文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ・お申し込み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせは、青樹(info@tokyopros.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青樹(info@tokyopros.com)まで
メールにてご連絡ください。
件名は「龍村仁講演 『チベットのほほえみ』に申込みます。」
としてください。
また、お振込人名がお申込み者名と異なる場合は、必ずご連絡ください。
尚、ご入金後のキャンセル、払い戻し等はできませんので、予めご了承下さい。

—————————–キリトリ——————————–
■龍村仁講演 『チベットのほほえみ』に申込みます。

お名前:
ふりかな:
住所(チケット送付先/郵便番号から):
会社名/学校名/所属団体名等:
職種等:
メールアドレス:
お申込みチケット枚数:   枚

このイベントをどちらで知りましたか?

連絡欄:

—————————–キリトリ——————————–

では、講演会でお会いしましょう。(^-^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■モーニング上映会『チベットチベット』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ぼくは、世界を見てみたかった。最初はそれだけだった…

http://www.tokyopros.com/nextevent/tibettibet.html

____________________________________________________________________

映画『チベットチベット』とは

在日コリアン3世の旅人、金森太郎こと金昇龍はビデオカメラを片手に行く
先を決めない旅に出る。路線をアジアに向け辿り着いた地、北インドのダラ
ムサラ。そこは地元のインド人と亡命してきたチベット人が共生する一見静
かな街だった。彼はここで、自らは望まず移住して異国で暮らす人々と出会う。

最初はインドで暮らすチベット人と在日の間に小さな共通点を見つけていた。
しかし浮かび上がってきたのは今なお続くチベット人の受難の経緯だった。
今になっても雪のヒマラヤを歩いて越えて来るチベット人亡命者の数は後を
絶たない。

 「彼らが命がけで守ろうとしているものは一体何なんだろう?
  おじいちゃんやおばあちゃんが僕に言いつづけた民族の誇りというもの
  なんだろうか?」

混乱と衝動に突き動かされチベット人の現状を撮影し始める。この問題を少
しでも多くの人に伝えたい。その思いはチベット亡命政府にも届き、ダライ
ラマ14世への10日間に及ぶ同行取材をも可能にした。旅は続き、彼らが切望
して止まない本当のチベット(現中華人民共和国、チベット自治区)を訪れ、
失われゆく高度な精神文化や美しいを自然をカメラに納める。

ノンフィクションロードムービー『チベットチベット』は、このふたつのチ
ベットの狭間で素朴に生きる人たちに焦点を合わせ、今現在も強硬に続けら
れている、中国のチベット政策に疑問を投げかけるドキュメンタリーである。

____________________________________________________________________

【日時】  :6月8日(日)
       開場9時20分 開演9時40分~11時45分
【会場】  :東京ウイメンズプラザ
【住所】  :東京都渋谷区神宮前5-53-67
       JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅徒歩12分
       営団地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅徒歩7分
【上映映画】:『チベットチベット』(95分)
       (*)予告編がご覧いただけます。↓
        http://www.tibettibet.jp/liblary/index.html#02
       上映後にキム・スンヨン監督のお話をお聞きする予定です。
【入場料】 :前売り 1000円(6月6日振込分まで)
       当日  1300円
       ※全席自由席です。
【振込口座】:1)三井住友銀行 恵比寿支店
        普通 6947382 東京プロフェッショナル
       2)ゆうちょ銀行 記号10170 番号93573601 
        東京プロフェッショナルズ
【主催者】 :東京プロフェッショナルズ 青樹洋文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ・お申し込み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせは、青樹(info@tokyopros.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青樹(info@tokyopros.com)まで
メールにてご連絡ください。
件名は「モーニング上映会『チベットチベット』に申込みます。」
としてください。チケットはご入金後発送いたします。
また、お振込人名がお申込み者名と異なる場合は、必ずご連絡ください。
尚、ご入金後のキャンセル、払い戻し等はできませんので、予めご了承下さい。

—————————–キリトリ——————————–
■モーニング上映会『チベットチベット』に申込みます。

お名前:
ふりかな:
住所(チケット送付先/郵便番号から):
会社名/学校名/所属団体名等:
職種等:
メールアドレス:
お申込みチケット枚数:   枚

このイベントをどちらで知りましたか?

連絡欄:

—————————–キリトリ——————————–

日曜日の早朝ですが、ちょっと早起きしてお出かけくださいね。(^-^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■上映会用のBGV『明日への祈り』~チベットに心とらわれて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 4月26日に開演前に上映したスライドショー「『明日への祈り』~チベット
に心とらわれて」をTokyoPros.のサイトに掲載しました。

 TINGARAの楽曲『明日への祈り』にのせて、そして石井英治さん、岡澤美津
子、そして笠原理絵さん等のチベットの写真をご覧いただけます。

▽『明日への祈り』~チベットに心とらわれて
  http://www.tokyopros.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地球探検隊 中村隊長の新刊のお知らせです!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「異境を吹く風が 内なる旅の扉を開く
  中村隊長が誘う地球探検の旅は 
  地球とつながり 人とつながり 
  自分とつながる旅である。」

これは、龍村仁監督が地球探検隊中村隊長の新刊に寄せた言葉です。

 『感動が共感に変わる!
  ~人をつなげ、夢が広がる人生の楽しみ方』
  「地球探検隊」隊長 中村伸一著(こう書房)4月10日発刊

▽Amazon.co.jpでご購入いただけます。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769609701?ie=UTF8&tag=azzurro-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4769609701

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 太鼓打ち小林太郎さんの映像を撮影・編集させていただきました。

  http://www.taro-taiko.com/taikoban/

 6月28日に和太鼓の祭典『たいこばん』というライブを浅草公会堂で開催さ
れるそうです。和太鼓に興味の方にはお勧めのイベントですよ。

青樹洋文/TokyoPros.
hiro@tokyopros.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このメールは、Tokyo Pros. Newsletterに登録された方、現在までに、
Tokyo Pros.のイベントにお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●転送自由です。

●バックナンバーはこちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/news/

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青樹洋文(hiro@tokyopros.com)
まで。

●登録解除は件名に「登録解除」と記入し、(unsubscribe-news@tokyopros.com)
宛て、メールを送ってください。

=======================
Hiro AOKI / Tokyo Pros.
=======================


Comments are closed.