Daily Archives: 2004年4月26日

News # 78:爪

  ガイアな連休へのお誘い
 1日「第一番」、3日「第二番」
 4日「第三番」、5日「第四番」

  東京プロフェッショナルズ
  ~Tokyo Pros. Newsletter ~

    By Hiro Aoki

News # 78:爪

●ガイアシンフォニーのテーマ

 5月の連休に『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』の第一番から第四番まで
を順番に、1日、 3日~5日に上映します。連休は旅行に行くはずだったのが、
中止になってしまった方、今年はどこにも行かずにゆっくりと過ごそうと思っ
ていた方、ぼくと一緒にガイアな連休を過ごしてみませんか。(^-^)/

 さて、『地球交響曲』のテーマを一言で言うと、

  「ぼくたちは、地球の大きな生命の一部として生かされている。」

ということです。

 一見宗教的に聞こえるテーマですが、これはれっきとした科学理論です。
1960年代にイギリスの物理学者、ジェームズ・ラブロックが提唱した、「ガ
イア理論」という考え方に基づいています。

———————————————————————
みなさんは、「ガイア理論」についてお聞きになったことがあるだろうか。

「太陽系の第三惑星である地球は、それ自体が生命体としての仕組みを持っ
ており、我々人類はもちろんのこと、動物も虫も草も木も風も水も岩もすべ
てが有機的につながった大きな生命体として、35億年の歳月を生き続けてい
る。」と言う考え方だ。

            『地球(ガイア)をつつむ風のように』 龍村仁著
———————————————————————

 ぼくが最初にこの考えを聞いた時に、「そうに違いない」と強く感動した
一方で、ぼくと虫や植物等が「”有機的に”繋がっている」というのは、人に
伝えるには少々難しい表現だなとも感じました。

 ぼくの身近に良い例がないだろうかと探していたところ、先日、こんな体
験をしました。

●マイ・ジャングルでの出来事

 ぼくは、小宅のベランダにある、沢山の植物が生息している小さなプラン
ターのことを、「マイ・ジャングル」と呼んでいます。(^-^)

 先日、ぼくはマイ・ジャングルに咲いた春の花を眺めながら、指の爪を切
り、「土に戻るかも」と、切った爪をそのままマイ・ジャングルに捨ててし
まいまいた。

 しばらくすると、なんとその爪が、土の上を動き出したのでした。そっと、
マイ・ジャングルを覗き込むと、一匹の蟻が、ぼくの爪を運んでいたのです。

 自分の身体の倍以上はあるであろうぼくの爪を、蟻は大切な宝物でも見つ
けたかのように、全身で抱え、土の上を引きずる様に運んでいました。蟻は
マリーゴールドの根本まで到達すると、今度は土の中に潜り始めました。蟻
の巣です。身体を小刻みに動かしながら、後ずさりするように巣に入り、胸、
頭、そして、最後に彼が両腕で抱えていたぼくの爪が、土の中に消えて行き
ました。

 ふと、爪を捨てた場所に目をやると、そこにはさらに二匹の蟻が、同じよ
うに、ぼくの爪を一かけらづつ抱え、先ほどの巣の場所に向って忙しなく移
動していました。

 切り落としたぼくの爪は、そのまま土に還るのではなく、まずは蟻が食べ、
彼の体内で消化され、栄養となり彼の身体を形作ります。やがて蟻は働きつ
づけたその一生を終え、彼の身体が土となるのだと思います。そして、その
土の栄養を根が吸い取り、マイ・ジャングルには、また花が咲くことになる
のでしょう。

●ぼくが生きている価値

 時々、「ぼくは、誰(何)の役にも立っていないのでは」と、思ってしまうこ
とがあります。

 でも、ぼくが切り落としてしまった、かつてぼくの身体の一部だった小さ
な爪のかけらでさえも、蟻たちの命をつなぐ役に立っていたのです。ならば、
切り落としたぼくの爪以外の部分には、この地球の役に立てる、どれほどの
可能性を持っているものなのかと思いを巡らせました。

 ぼくの生きている(そして死んで行く)価値は、ぼくの爪や皮膚や髪の毛と
いった肉体のみにあるのではなく、例えば、今、蟻たちへのぼくの思いを、
どんな言葉に置き換えれば、人に伝えることができるのだろうと、言葉をひ
ねり出し「考える」ことに、より多くの意味があるということに気づきまし
た。

 「考える」こと、「創意工夫を凝らす」こと、そして、搾り出した知恵を
地球のために正しく使って行くことが、地球が蟻としてではなく、ぼくを人
間として産み落としてくれた価値なのだと、強く思いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tokyo Pros. 『地球交響曲』連続上映会 GS(Gaia Symphoney) in GW
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 連休東京にいるお友達にも勧めてください。(^-^)/

【上映映画/日時】
 ・『地球交響曲第一番』 5月1日(土) 開場12:30 開演13:00-16:30
 ・『地球交響曲第二番』 5月3日(月) 開場12:30 開演13:00-16:30
 ・『地球交響曲第三番』 5月4日(火) 開場12:00 開演13:00-16:30
 ・『地球交響曲第四番』 5月5日(水) 開場12:00 開演13:00-16:30

 ☆1日、3日は、ペオ・エクベリさんによるミニトークを開催します。
  ・1日「わたしたちとアフリカの繋がり」
  ・3日「わたしたちのライフスタイルと海」
 ☆4日、5日は、写真家・星野道夫さんのミニ写真展も同時開催します。
 ☆4日間とも、映画はKNOBさんのディジュリドゥの演奏と共に始まります。

【ゲスト】 :KNOB 天然空洞木(ディジュリドゥ)
       ペオ・エクベリ(環境コンサルタント)※1日、3日のみ
【会場】  :東京ウイメンズプラザ
【住所】  :東京都渋谷区神宮前5-53-67
       JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅徒歩12分
       営団地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅徒歩7分
【入場料】 :前売り(4月27日15時迄振込分) 各2300円 ※
       当日             各2600円
【振込口座】:三井住友銀行 恵比寿支店
       普通 6947382 東京プロフェッショナル
【協力】  :株式会社エクスプローラ 地球探検隊
【映像協力】:ユリカ&デール・マクラクリン、DL Communicatios
       ハワイ、バハマなどで撮影されたイルカの映像をご覧いただ
       けます。(3日、開演15分前より)

※前売り料金のお振込が27日15時以降となってしまう場合は、30日の15時ま
でにお振込いただければ、チケットは郵送せずに、上映会当日に受付にてお
渡しすることも可能ですので、お申し付けください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<お問い合わせ・お申し込み>

お問い合わせは、青樹(info@tokyopros.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青樹(info@tokyopros.com)まで
メールにてご連絡ください。ご入金確認後、チケットを送付いたします。
———————————————————————
■Tokyo Pros.『地球交響曲』上映会 GS in GWに申し込みます。

お名前:
住所(チケット送付先/郵便番号から):
会社名/学校名/所属団体名等:
職種等:
メールアドレス:
チケット申込み枚数:
(↓該当する部分を残し枚数を記入。他を消してください。)
 ・0501『第一番』×  枚
 ・0503『第二番』×  枚
 ・0504『第三番』×  枚
 ・0505『第四番』×  枚
このイベントをどちらで知りましたか?

連絡欄:

———————————————————————

では、上映会でお会いしましょう。(^-^)/

青樹

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━