Daily Archives: 2003年7月8日

News # 44:このままどこへ走る

     あきらめないで!

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

     By Hiro Aoki

News # 44:このままどこへ走る

●阿国(おくに)を見てきました。

妻が振付のお手伝いさせていただいている関係で、一昨日、ミュージカル
『阿国』のゲネプロ(※)を見せていただきました。

http://www.theatres.co.jp/letheatre/event/okuni/index.html

歌舞伎のルーツは、1603年(慶長8年)、「出雲の阿国(いずものおくに)」 と
いう女性が、京都の四条河原(しじょうがわら)で演じたかぶき踊りに始まる
といわれています。で、今年は阿国の生誕400年なんですね。

※ゲネプロ:本番と同じリハーサルをすること。

●大きな変化の時代

場所は京都。時は慶長。豊臣秀吉が死去し、徳川家康の時代が始まろうとし
ていた時代。戦国の時代が終わり、太平の時代へ。日本の中心が、京都から
江戸へ移行しようとしていた、大きな変化の時代でした。

戦国の時代に戦場の第一線で活躍をしていた武士が、太平の世では居場所を
を失い、こう嘆きます。

 「時代なんか、時代なんか、変わってほしくなかったんだ。おぬしら、子
  供の時分、なにを思って剣の稽古をした。一振り、一振り、心のなかで
  なんと叫んだ。「天下、天下」わしはそう叫んだ。武士なら天下をとっ
  て城を築け。空のとんびもクルクル回ってそう鳴いた。それがなんだ、
  おぬしら、今じゃお公家の使いぱっしりじゃ。そのお公家も遊び回るし
  か脳のないかぶき者じゃ。よおよお、腰巾着ども、抜く刀もなくなぜ生
  きる。」

子供のころから正しいと信じていた価値観、理想の姿だと教え込まれ、目標
としていた将来像が、時代の大きな変化と共に、個々人の心に大きな苦しみ
を伴いながら、崩れ始めていた時代でした。

400年前の人々の心の中に生じた価値観の崩壊に、僕は、この10年間で自分の
中に起きた価値観の揺らぎと、似たものを感じてしまいます。

●変わることの苦しみ、変わらないことの痛み

移り変わっていく時代の中で、登場人物達は、自分達の居場所を模索します。

江戸の権力者の動向をしたたかに見つめ、新しい体制の下でも、得なポジショ
ンを渡り歩こうとする京都の権力者「松梅院」。

乞食の身から、上手く権力者に取り入り、金と地位を手に入れるも、かつて
の輝きを失っていく「三郎左」。

新しい時代の若手スターとして人気者となるも、初恋の男性「一蔵」との別
れを強いられる「お丹」。

時代の流れに逆らい、家康の暗殺を企てるも、失敗し命を落とす戦国武士
「佐門」。

でも、阿国はそんな時代の流れに翻弄されることなく、心の奥底から湧き出
るエネルギーを全身に表現し、京都の四条河原で踊りつづけます。

しかし、阿国は権力者からの加護を失い、風紀を乱したのと理由で、興行を
差し止めらます。阿国の周りから、多くの人が去っていってしまいます。人
々の関心は、新しい都、江戸に向けられます。

●勇気をくれた阿国に感謝

阿国は、失意の底を見るも、夫の「三九郎」の励ましを受け、新たな地に向っ
て走り出します。

 「どけどけどけーい」(阿国)

 「おい阿国、このままどこに走る」(三九郎)

 「江戸へ、新しい町へ、
  あたしが踊る場所が都になるんだ」(阿国)

阿国の再演は今回が5回目。僕が阿国を見たのは今回が3回目でした。

また、阿国から勇気をもらいました。

僕は、昨日ちょうど43回目の誕生日を迎えました。

このまま、走りつづけてみようと思います。(^-^)/

Hiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□   お知らせコーナー その一 □■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 『Tokyo Pros. August Party』のお知らせ ☆★☆

NYで仕事をしたい! マンハッタンで暮らしてみたい!

そんな夢を持ったことはありませんか?

僕はあります。(^-^)/

昨年末に米国に帰国し半年が経ったDavidが、彼の視線からみた「NYで活躍す
る日本人」について語ります。また、実際にNYで暮らし働くための実践的な
アドバイスもご紹介します。

【テーマ】  :『Never Stop Dreaming;
         It’s Never Too Late to Pursue Your Goals in Life.』
【スピーカー】:ディヴィッド・ライト David Wright
        New York 在住、コミュニケーション・コンサルタント、
        Tokyo Pros. オーガナイザー
        プロフィールはこちら
         http://www.tokyopros.com/about.html
【日時】   :2003年8月2日(土) 17:00-20:00
【場所】   :Cafe LL
【住所】   :渋谷区恵比寿南1-23-8 ABCビル1F
        JR恵比寿駅南(スカイウォーク)出口 徒歩1分 
        地下鉄日比谷線恵比寿駅 徒歩1分 
        TEL 03-3794-7597 FAX 03-3794-7597
【参加費】  :女性4500円、男性5000円(フリードリンク&フード)
       ※要予約、事前銀行口座振込み。
        当日受付支払いの場合は500円プラス。
        Tokyo Pros.初参加のご友人とご一緒に参加の場合は、
        ご友人共500円引きとさせていただきます。
【振込口座】 :三井住友銀行 恵比寿支店 
        普通 6947382 東京プロフェッショナル
【内容】   :1) David Wright プレゼンテーション(30~40分)
        2) 交流会
【締切り】  :2003年7月30日(水)まで 
【定員】   :40名

※Davidのプレゼンテーションは、基本的に英語で行いますが、日本語でのコ
ミュニケーションも問題ありません。「英語はちょっと苦手」という方も、
どうぞ、お気軽にご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 『Tokyo Pros. Speaker’s Lounge』のお知らせ ☆★☆

【テーマ】:『”ゆたか” に暮らそう!その2
         オーガニックフード&コーヒーを飲みながら
          みんなで語ろう、都会のエコライフと心地良い暮らし』
【スピーカー】:ペオ・エクベリ Peo Ekberg
        スウェーデン出身、環境コンサルタント、OneWorld 代表
        プロフィールはこちら
         http://www.tokyopros.com/speaker/peo.html
【日時】   :2003年7月25日(金) 19:00-22:00
【場所】   :アサンテ・カフェ
         http://www.p-alt.co.jp/asante/cafe/
【住所】   :目黒区三田2-7-10 セントラル目黒102
        TEL 03-3791-2147 FAX 03-3792-5395
【参加費】  :3500円 + 飲み物・食事代(実費)
       ※要予約、参加費3500円は事前銀行口座振込み。
        当日受付支払いの場合は500円プラス。
        Tokyo Pros.初参加のご友人とご一緒に参加の場合は、
        ご友人共500円引きとさせていただきます。
【振込口座】 :三井住友銀行 恵比寿支店 
        普通 6947382 東京プロフェッショナル
【内容】   :都会でエコな暮らしをしたいと思っていても、様々な障害
        があるのでは?Peoさんは、日本でどんな工夫をしているの
        か、スウェーデンの都会の生活者はどうしているのか等々、
        皆さんの素朴な疑問をぶつけてください。また、皆さんの
        の体験を参加者の間でシェアをしながら、ディスカッショ
        ンも行っていきます。
【締切り】  :2003年7月23日(水)まで 
【定員】   :20名

 ※ペオさんのSpeaker’s Loungeは、基本的に日本語で行います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<お問い合わせ・お申し込み>

お問い合わせは、青木(info@tokyopros.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青木(info@tokyopros.com)まで
メールにてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tokyo Pros. Speaker’s Lounge 7/25 に申し込みます。
■Tokyo Pros. August Party 8/2 に申し込みます。
 (※該当する方を残し使用してください。)

お名前:
会社名/学校名/所属団体名等:
職種等:
性別:
メールアドレス:
このイベントをどちらで知りましたか?

連絡欄:

———————————————————————

では、また。(^-^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□   お知らせコーナー その2 □■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ エコ見学ツアー in スウェーデン ★☆★

7泊9日 スウェーデンの首都ストックホルム&世界遺産ゴットランド島

・持続可能な国・国際ランキング1位のスウェーデンに学ぼう!

今までPeoさんから、お聞きした様々なスウェーデンの環境への取り組み。
今度は、Peoさんと一緒にスウェーデンに行って、実際に体感してみませんか。
美しい国に溶け込んだエコ・ライフをお楽しみください。

【日  程】:8月17日(日)~25日(月)<7泊9日>
【現地料金】:268,000円
【定  員】:16名
【締め切り】:7月16日(水)
【使用言語】:日本語

【この見学ツアーの目的】
スウェーデンや北ヨーロッパの持続可能な社会への発展を見ていただきます。
視察や環境活動者(環境専門家、コンサルタントなど)との交流を通して、
環境活動の成功に欠かせない包括的な考えかたや基準システムの重要性をご
理解いただけます。

【主な見学地、内容】
◎生ごみ処理
 ・「テーブルから土へ」という環境循環型システム
 ・生ごみで走る車(バイオガス)、処理場(世界最大コンポスト)
◎人間にも必要な生物多様性の保護政策、世界初首都内国立公園(1995年開設)
◎エコハウジングと環境循環型社会のライフスタイル
 ・環境負荷は一般建設の半分に抑えるエコロジー都市開発プロジェクト
 ・「環境と芸術」をコンセプトとした世界初首都内エコヴィレッジ(44世帯)
◎環境循環型社会の中の企業
 ・世界で最も環境に考慮した施設・企業の一つ、湖や森に囲まれたホテル
◎ゴットランド
 ・「エコ県」ゴットランドの環境活動やヴィジョンの紹介
 ・世界遺産エリアの図書館での海水熱エネルギーシステム
 ・スウェーデン最大の風力発電パーク/80基
 ・スウェーデン家庭の中の環境活動と日常生活。
 ・環境と伝統文化を考慮したレストラン 他

詳細・申込は下記のホームページより。
  http://www4.famille.ne.jp/~oneworld/ecotour.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

News # 43:島には行けないけれど。。。

  いつも、自然と繋がっていたい

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

     By Hiro Aoki

News # 43:島には行けないけれど。。。

●June party のレポートができました。

6月27日、中村隊長、KNOBさんをお招きして開催した June Party のレポート
ができました。

http://www.tokyopros.com/past18-j.html

その二日後に行われた「トウキョウから西表の未来を考える~風人の祭 2003」
にも、たくさんの方にご参加いただきました。有難うございました。

KNOBさんの母校、旧三河台中学校体育館でのステージ。この舞台に立つのは、
中学の卒業式以来とのこと。目をつぶりディジュリドゥを額に当てている
KNOBさんの姿は、KNOBさんが中学校時代までタイムスリップしているように
見えました。

KNOBさんが、子供のころから好きだったものたち。ロックのビート、ソウル
フルなダンス、そしてかつて六本木にもあった自然を、ステージいっぱいに
表現してくれました。(^-^)

●Peoさんから届いた写真。

同じ週末、Peo Ekbergさん(ペオ・エクベリ、スウェーデン出身、環境コンサ
ルタント、11月、3月、6月にTokyo Pros.でセミナーを実施)は、小笠原にい
たそうです。

 「小笠原の経験とてもよかったです。楽しかった!
  パラダイスに近い。本当に!!」(Peoさん)

メールには、こんな写真が添付されていました。小笠原で滞在したホテルの
前から取った写真だそうです。

  http://www.tokyopros.com/ogasawara.html

 「まだ行ったことがなければ是非行ってみてください。」(Peoさん)

行きたいなあ。でも、今は金欠なので。。。行けないなあ。(^^;

●島には行けないけれど。。。

東京で生活していても、いつも身近に自然を感じることができないだろうか。
コンクリートで四方を囲まれた都会に住んでいても、もっと土や緑に繋がっ
ていられる生活はできないだろうかと思います。

Peoさんから、こんなメッセージが届きました。

 「今までSpeaker’s Loungeで、僕の話しを聞いた方がいろんな意味でエコ
  ライフスタイルを始めています。でも、絶対いろんな「壁」感じている
  と思います。その成功や失敗について話して欲しいです。」

ということで、次回のPeoさんのSpeaker’s Loungeは、Peoさんのお話しを短
めにして、Q&Aとディスカッションを中心に行いたいと思います。皆さん
のより参加型の会になります。

 「何でも聞いてね」(すべて答えることはできないけど。。。)(Peoさん)

場所は、今月11日にアサンテ・サーナ目黒店に誕生するカフェスペース、
アサンテ・カフェ。オーガニックな食、コーヒー、そしてワイン、ビールを
楽しみながら、皆でゆったりと語りませんか。

詳細は下記の通りです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ 『Tokyo Pros. Speaker’s Lounge』のお知らせ ☆★☆

【テーマ】:『”ゆたか” に暮らそう!その2
         オーガニックフード&コーヒーを飲みながら
          みんなで語ろう、都会のエコライフと心地良い暮らし』
【スピーカー】:ペオ・エクベリ Peo Ekberg
        スウェーデン出身、環境コンサルタント、OneWorld 代表
        プロフィールはこちら
         http://www.tokyopros.com/speaker/peo.html
【日時】   :2007年7月25日(金) 19:00-22:00
【場所】   :アサンテ・カフェ
【住所】   :目黒区三田2-7-10 セントラル目黒102
        TEL 03-3791-2147 FAX 03-3792-5395
【参加費】  :3500円 + 飲み物・食事代(実費)
       ※要予約、参加費3500円は事前銀行口座振込み。
        当日受付支払いの場合は500円プラス。
        Tokyo Pros.初参加のご友人とご一緒に参加の場合は、
        ご友人共500円引きとさせていただきます。
【内容】   :都会でエコな暮らしをしたいと思っていても、様々な障害
        があるのでは?Peoさんは、日本でどんな工夫をしているの
        か、スウェーデンの都会の生活者はどうしているのか等々、
        皆さんの素朴な疑問をぶつけてください。また、皆さんの
        の体験を参加者の間でシェアをしながら、ディスカッショ
        ンも行っていきます。
【締切り】  :2003年7月23日(水)まで 
【定員】   :20名

 ※ペオさんのSpeaker’s Loungeは、基本的に日本語で行います。
———————————————————————
■アサンテ・カフェは、こんなカフェスペースです。

・木のあたたかさを基調にゆったりとしたスペース。こころや身体を心地よ
くすごせます。
・各地のローカルな食文化を交換して、生活を豊かにする食文化、地球食を
提供しています。
・メニューは、第3世界ショップのコーヒーやカレー。体にやさしいノンシュ
ガー&雑穀を使ったお菓子。夜はオーガニックなワイン、ビールも。
・素材は、300年前から有機栽培を行っている埼玉県・渋谷さんの野菜等、で
きる限りオーガニックで顔の見えるものを扱っています。
・コミュニティトレード、コミュニティビジネスをはじめ、トータルな暮ら
しの情報を発信しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<お問い合わせ・お申し込み>

お問い合わせは、青木(info@tokyopros.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青木(info@tokyopros.com)まで
メールにてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tokyo Pros. Speaker’s Lounge 7/25 に申し込みます。

お名前:
会社名/学校名/所属団体名等:
職種等:
性別:
メールアドレス:
このセミナーをどちらで知りましたか?

連絡欄:
※Peoさんに、どんな質問をしてみたいですか?参加者の皆さんと、どんな
ディスカッションをしてみたいですかか?

———————————————————————

では、25日にお会いできるのを楽しみにしています。(^-^)/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆   お知らせコーナー    ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ エコ見学ツアー in スウェーデン ★☆★

7泊9日 スウェーデンの首都ストックホルム&世界遺産ゴットランド島

・持続可能な国・国際ランキング1位のスウェーデンに学ぼう!

今までPeoさんから、お聞きした様々なスウェーデンの環境への取り組み。
今度は、Peoさんと一緒にスウェーデンに行って、実際に体感してみませんか。
美しい国に溶け込んだエコ・ライフをお楽しみください。

【日  程】:8月17日(日)~25日(月)<7泊9日>
【現地料金】:268,000円
【定  員】:16名
【締め切り】:7月16日(水)
【使用言語】:日本語

【この見学ツアーの目的】
スウェーデンや北ヨーロッパの持続可能な社会への発展を見ていただきます。
視察や環境活動者(環境専門家、コンサルタントなど)との交流を通して、
環境活動の成功に欠かせない包括的な考えかたや基準システムの重要性をご
理解いただけます。

詳細・申込は下記のホームページより。
  http://www4.famille.ne.jp/~oneworld/ecotour.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━