Monthly Archives: 2月 2003

News # 17: 【重要】3月2日「時間」と「場所」が変更になりました。

     ご注意下さい!

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hiro Aoki [hiro@aoki.com]

News # 17: 【重要】3月2日「時間」と「場所」が変更になりました。

Tokyo Professionals Environmental Program ですが、都合により3月2日に
行われる第1回目の時間と場所が、下記の通りに変更となりました。

■変更前             
【時間】3月2日(日) 13:30~16:30
【場所】三田フレンズ 二階集会室
    目黒区三田1-11-26

■変更後
【時間】3月2日(日) 16:30~19:30
【場所】ステップサポート セミナールームB(二階)
    渋谷区恵比寿4-5-21 ISビル(JR線 恵比寿駅 東口徒歩2分)
    地図 http://www.step-support.co.jp/top/access.html

今回の変更により、もし参加が難しくなってしまった方、申し訳ございませ
ん。内容は各回異なっておりますが、ぜひ、2回目以降でご都合の良い会にご
参加ください。

今回の変更により、「その時間帯なら参加できる」という方、ぜひ、いらっ
しゃってください。(^-^)

よろしくお願いいたします。

Hiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■お知らせコーナー■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月2日から3回に分けて開催する『Tokyo Pros. Environmental Program』。
ペオさんからのメッセージとプログラムの詳細です。
———————————————————————
■□ Tokyo Professionals Environmental Program  □■
■□ 講演、ワークショップ、そしてディスカション! □■

●Introduction – はじめに

「環境破壊、環境保護、エコロジー、循環型社会。。。って何?」
「何かしなきゃいけないんだろうな。。、とは感じているけど、実際何をし
ていいのか分からない?」
「環境活動はコストがかかるので、不況の中では無理?」

 『環境問題』、『持続可能な社会』、『環境と経済』。。。

とても難しく聞こえる言葉ばかりですね。
でも、実は、皆さんが思っているよりも、「簡単!」なことなんです。
そして、思っているよりも「楽しい!」ことなんです。

私が生まれたスウェーデンは、「環境先進国」といわれていますが、始まり
はやはり市民ひとりひとりからの意識改革からでした。そして現在では、ス
ウェーデンの企業が、持続可能な社会を達成する過程において、社会をリー
ドしています。

●Environment & Me – 環境と私

環境は誰にでも、何にでも関係があります。私たちが暮らす地球で、今どん
なことが起きているのでしょう。

環境問題を知り、環境保護を学ぶことは、21世紀を生きる私たちにとって大
切なことです。地球は約45億年前に生れました。そのままのバランスを保つ
ことができれば数十億年間生き続けられると言われます。

しかし人間が誕生し、特にこの100年間で地球に非常に大きな影響を与えまし
た。環境問題が起こり、アレルギーや喘息が起こり、地球がだんだん弱って
います。環境保護専門家によると、人間が現在のライフスタイルをこのまま
2世代続けると、100年後地球は私たち人類が生存できない環境になってしま
うということです。また、環境と経済は明らかに関係があります。

環境に優しく暮らすことは地球や人間(健康)に良いだけでなく、家庭、会
社など社会全体に経済的利点がたくさんあります。

より健康なライフスタイル、より経済に良いライフスタイルになるための解
決する方法を紹介しながら、ワークショップやディスカションしましょう。

皆さんに会えるのを楽しみにしています。

環境コンサルタント
Peo Ekberg (ペオ・エクベリ)

———————————————————————
■□ プログラム詳細 □■

●第1回
(後半) 持続可能な社会とは? 
(前半) 持続できない社会と温暖化のつながりとは?

(前半)
・世界が目指している「持続可能な社会」(循環型社会)とは?
(地球サミットでは一体なにを決めたの?)
・ビジョンづくり、持続可能な社会づくりのシナリオ:環境先進国日本へ。
(後半)
・最近話題の温暖化って一体なに?(京都議定書=私たちの約束)。
・京都議定書によるEUのCO2排出量削減の目標も達成する過程にありますが、
なぜ日本のCO2排出量が増加?
・温暖化と私たちのライフスタイル(会社や家庭で温暖化を防ぐ方法とは?)

【日程】3月2日(日) 16:30-19:30 (180分)
【場所】ステップサポート セミナールームB(二階)
渋谷区恵比寿4-5-21ISビル(JR線恵比寿駅 東口徒歩2分)
【費用】3,500円

●第2回 エコロジー&エコノミー

・世界情勢と環境&経済の関係(家庭・企業・社会)。
・オフィスでの環境活動とは?
・企業のエコビジネス(環境方針のない会社は企業自殺?)。
・環境先進国の企業における環境方針や事例。
・包括的な環境取り組み=不況の解決?

【日程】3月9日(日) 13:30-16:30 (180分)
【場所】三田フレンズ 2階集会室 (地図)
目黒区三田1-11-26 (恵比寿ガーデンプレイス至近)
【費用】3,500円

●第3回 世界の環境事情

・世界一周環境リサーチの旅で得た情報を基に、世界の環境事情を紹介。
・南米アマゾン熱帯雨林、北米の国立公園、アフリカの野生動物保護、
・アジアの動植物問題や解決する方法。私と世界の環境問題。

【日程】3月15日(土) 13:30-16:30 (180分)
【場所】中目黒パーシモンプラザ (仮)
【費用】3,500円

※ペオさんの講演は、基本的に日本語で行います。

<リピーター特典>
第1回から3回まで、すべてお申し込みをされた方には、参加費用を合計で、1
万円とさせていただきます。また、結果的に3回すべて参加されたことになっ
た方には、第3回目の参加費用を500円引きとさせていただきます。
———————————————————————

<お問い合わせ・お申し込み>

お問い合わせは、青木(hiro@aoki.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青木(hiro@aoki.com)までメール
にてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tokyo Professionals Environmental Program 第 回に申し込みます

お名前:
会社名/学校名/所属団体名等:
性別:
メールアドレス:
連絡欄:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご迷惑をおかけした方、すみません。

Hiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●このメールは署名も含め全文掲載する条件で、転送自由です。

●バックナンバーはこちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/newsindex.html

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hiro AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 16: テレビと本

    お知らせです。

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hiro Aoki [hiro@aoki.com]

News # 16: テレビと本

●ペオ・エクベリさん、テレビ出演

3月に開催する『Tokyo Pros. Environment Program』に、スピーカーとして
お招きしているペオ・エクベリさんが、明日、NHK BS1のテレビ番組、『イン
ターネット・ディベート』 (再放送)に出演されます。

 ■NHK BS1「インターネット・ディベート」
  2月26日(水) 午前10:00~10:49
 「再生のモデルを探る~スウェーデンかアメリカか~」

 【テーマ】
  ・日本のこれからの経済。アメリカのグローバル化か、ヨーロッパの人
   間(環境)社会か。
 【ディベータ-】
  ・ロバーロト・A・フェルドマン(モルガンスタンレー証券アナリスト)
  ・ペオ・エクベリ (環境コンサルタント)

インターネットでも内容の一部が掲載されています。
  http://www.nhk.or.jp/debate/  
 (ページの右下にある「放送ダイジェスト」2月15日(土)第3回「再生の
  モデルを探る~スウェーデンかアメリカか~」をクリックして下さい。)

●そして、書籍のご紹介。

明日26日発売の下記の本に、僕が登場しています。(^^;

 『五感商品の創りかた スローなビジネスに帰れ2』
  阪本 啓一 (著)
  出版社 インプレス 価格 1600円

著者の阪本啓一さんは、僕のマーケティングの師匠で、僕は阪本塾の第一期
生です。阪本さんが、NYに在住時代は、NYまで会いに行った事もある、大ファ
ンなんです。(^-^)/

同書の最後の章、 「起業家座談会 サラリーマンをやめて始まる物語」 に
僕が登場しています。会社を設立したばかりころに参加した座談会で、お話
している内容が、ちょっと青くて恥ずかしいのですが、とても素晴らしい本
なので、ぜひ、読んでみてください。

本の詳細はこちらから。
  http://www.tokyopros.com/books.html

Hiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■お知らせコーナー■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月2日から3回に分けて開催する『Tokyo Pros. Environmental Program』。
ペオさんからのメッセージとプログラムの詳細です。
———————————————————————
■□ Tokyo Professionals Environmental Program  □■
■□ 講演、ワークショップ、そしてディスカション! □■

●INTRODUCTION – はじめに

「環境破壊、環境保護、エコロジー、循環型社会。。。って何?」
「何かしなきゃいけないんだろうな。。、とは感じているけど、実際何をし
ていいのか分からない?」
「環境活動はコストがかかるので、不況の中では無理?」

 『環境問題』、『持続可能な社会』、『環境と経済』。。。

とても難しく聞こえる言葉ばかりですね。
でも、実は、皆さんが思っているよりも、「簡単!」なことなんです。
そして、思っているよりも「楽しい!」ことなんです。

私が生まれたスウェーデンは、「環境先進国」といわれていますが、始まり
はやはり市民ひとりひとりからの意識改革からでした。そして現在では、ス
ウェーデンの企業が、持続可能な社会を達成する過程において、社会をリー
ドしています。

●Environment & Me – 環境と私

環境は誰にでも、何にでも関係があります。私たちが暮らす地球で、今どん
なことが起きているのでしょう。

環境問題を知り、環境保護を学ぶことは、21世紀を生きる私たちにとって大
切なことです。地球は約45億年前に生れました。そのままのバランスを保つ
ことができれば数十億年間生き続けられると言われます。

しかし人間が誕生し、特にこの100年間で地球に非常に大きな影響を与えまし
た。環境問題が起こり、アレルギーや喘息が起こり、地球がだんだん弱って
います。環境保護専門家によると、人間が現在のライフスタイルをこのまま
2世代続けると、100年後地球は私たち人類が生存できない環境になってしま
うということです。また、環境と経済は明らかに関係があります。

環境に優しく暮らすことは地球や人間(健康)に良いだけでなく、家庭、会
社など社会全体に経済的利点がたくさんあります。

より健康なライフスタイル、より経済に良いライフスタイルになるための解
決する方法を紹介しながら、ワークショップやディスカションしましょう。

皆さんに会えるのを楽しみにしています。

環境コンサルタント
Peo Ekberg (ペオ・エクベリ)

———————————————————————
■□ プログラム詳細 □■

●第1回
(後半) 持続可能な社会とは? 
(前半) 持続できない社会と温暖化のつながりとは?

(前半)
・世界が目指している「持続可能な社会」(循環型社会)とは?
(地球サミットでは一体なにを決めたの?)
・ビジョンづくり、持続可能な社会づくりのシナリオ:環境先進国日本へ。
(後半)
・最近話題の温暖化って一体なに?(京都議定書=私たちの約束)。
・京都議定書によるEUのCO2排出量削減の目標も達成する過程にありますが、
なぜ日本のCO2排出量が増加?
・温暖化と私たちのライフスタイル(会社や家庭で温暖化を防ぐ方法とは?)

【日程】3月2日(日) 13:30-16:30 (180分)
【場所】三田フレンズ 2階集会室 
(目黒区三田1-11-26、恵比寿ガーデンプレイス至近)
【費用】3,500円

●第2回 エコロジー&エコノミー

・世界情勢と環境&経済の関係(家庭・企業・社会)。
・オフィスでの環境活動とは?
・企業のエコビジネス(環境方針のない会社は企業自殺?)。
・環境先進国の企業における環境方針や事例。
・包括的な環境取り組み=不況の解決?

【日程】3月9日(日) 13:30-16:30 (180分)
【場所】三田フレンズ 2階集会室 
    (目黒区三田1-11-26、恵比寿ガーデンプレイス至近)
【費用】3,500円

●第3回 世界の環境事情

・世界一周環境リサーチの旅で得た情報を基に、世界の環境事情を紹介。
・南米アマゾン熱帯雨林、北米の国立公園、アフリカの野生動物保護、
・アジアの動植物問題や解決する方法。私と世界の環境問題。

【日程】3月15日(土) 13:30-16:30 (180分)
【場所】中目黒パーシモンプラザ (仮)
【費用】3,500円

※ペオさんの講演は、基本的に日本語で行います。

<リピーター特典>
第1回から3回まで、すべてお申し込みをされた方には、参加費用を合計で、1
万円とさせていただきます。また、結果的に3回すべて参加されたことになっ
た方には、第3回目の参加費用を500円引きとさせていただきます。
———————————————————————

<お問い合わせ・お申し込み>

お問い合わせは、青木(hiro@aoki.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青木(hiro@aoki.com)までメール
にてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tokyo Professionals Environmental Program 第 回に申し込みます

お名前:
会社名/学校名/所属団体名等:
性別:
メールアドレス:
連絡欄:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、2日にお会いしましょう!

Hiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●このメールは署名も含め全文掲載する条件で、転送自由です。

●バックナンバーはこちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/newsindex.html

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hiro AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 15: な・ぜ・だ? な・ん・で・だ・ろ・う~♪

     ペオさんの魅力

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hiro Aoki [hiro@aoki.com]

News # 15: な・ぜ・だ? な・ん・で・だ・ろ・う~♪

●3月のイベントのお知らせ

Tokyo Pros. 3月度のイベントは、昨年11月に引き続き、スウェーデン出身の
環境コンサルタント、Peo Ekberg (ペオ・エクベリ)さんをお招きして、
Environmental Program (環境プログラム:講演+ワークショップ+ディスカッ
ション)を、3回に分けて開催します。

実は、僕はペオさんにお会いするまで、環境問題にあまり関心がありません
でした。それが、ペオさんにお会いしてから、ペオさんご自身の魅力に取り
つかれ、考えが変わってきたのです。

   何故なんだろう?

今まで、「カンキョウモンダイ」と言うと、とても「堅苦しく」、「難しい」
というイメージを持っていました。また、環境保護活動は、「地味」で、我慢
を強いられて「つまならそう」、というイメージでした。

ところが、ペオさんのお話は、時には「スウェーデンの小学校の教科書」を、
使用して説明されるなど、とても簡単で理解しやすいのです。また、ご紹介
いただいたスウェーデンの事例は、「環境に優しい」だけでなく、どこか
「おしゃれ」で「楽しい」のです。

たとえば、

 ・残飯を燃やして走るVOLVO車
 ・ひまわり油を給油できるガソリンスタンド
 ・とうもろこしでつくったボールペン、、、

等々。

●ペオさんの魅力を、わかりやすく説明すると。。。

ペオさんのメッセージをポジショニングマップで表すと、こんな感じです。

        おしゃれ
         楽しい
          ┃
          ┃
          ┃
      4    ┃ 1
          ┃
          ┃
          ┃
環境に━━━━━━━━━━━━━━━━環境に優しい
悪い        ┃
          ┃
          ┃
      3 ┃ 2
          ┃
          ┃
          ┃
         地味
        つまらなそ~

今まで、僕が興味を持っていたライフスタイルは、「4」に属することが多か
ったんですね。「おしゃれ」で「楽しい」んだけど、環境には悪いことが多
かった。

そして、環境保護活動は、「2」に属するというイメージを漠然と持っていま
した。いくら「地球環境に優しい」といわれても、「地味」で「つまらなそ
う」だと、なかなか心が動かないですよね。

ところが、ペオさんのお話は、「1」なんですね。

「おしゃれ」で「楽しく」て、しかも、「環境に良い」となれば、ぜひ、自
分のライフスタイルに取り入れたくなりました。しかも、それが、ペオさん
のお話を聞くことによって、「簡単に」できるような勇気がわいてくるんで
す。(^-^)/

●参加者への「楽しい」宿題です。

第1回目は、3月2日13時半からです。ペオさんから参加者への宿題は、

 「環境に優しいと思うモノを、ひとつ持ってきてください」

です。(^-^)

ご都合がよろしければ、ぜひ、ご参加ください。

 ※昨年11月の講演のレポート
  http://www.tokyopros.com/past6-j.html

 ※ペオさんのプロフィール
  http://www.tokyopros.com/speaker/peo.html

ペオさんからのメッセージとプログラムの詳細です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ Tokyo Professionals Environmental Program  □■
■□ 講演、ワークショップ、そしてディスカション! □■

●INTRODUCTION – はじめに

「環境破壊、環境保護、エコロジー、循環型社会。。。って何?」
「何かしなきゃいけないんだろうな。。、とは感じているけど、実際何をし
ていいのか分からない?」
「環境活動はコストがかかるので、不況の中では無理?」

 『環境問題』、『持続可能な社会』、『環境と経済』。。。

とても難しく聞こえる言葉ばかりですね。
でも、実は、皆さんが思っているよりも、「簡単!」なことなんです。
そして、思っているよりも「楽しい!」ことなんです。

私が生まれたスウェーデンは、「環境先進国」といわれていますが、始まり
はやはり市民ひとりひとりからの意識改革からでした。そして現在では、ス
ウェーデンの企業が、持続可能な社会を達成する過程において、社会をリー
ドしています。

●Environment & Me – 環境と私

環境は誰にでも、何にでも関係があります。私たちが暮らす地球で、今どん
なことが起きているのでしょう。

環境問題を知り、環境保護を学ぶことは、21世紀を生きる私たちにとって大
切なことです。地球は約45億年前に生れました。そのままのバランスを保つ
ことができれば数十億年間生き続けられると言われます。

しかし人間が誕生し、特にこの100年間で地球に非常に大きな影響を与えまし
た。環境問題が起こり、アレルギーや喘息が起こり、地球がだんだん弱って
います。環境保護専門家によると、人間が現在のライフスタイルをこのまま
2世代続けると、100年後地球は私たち人類が生存できない環境になってしま
うということです。また、環境と経済は明らかに関係があります。

環境に優しく暮らすことは地球や人間(健康)に良いだけでなく、家庭、会
社など社会全体に経済的利点がたくさんあります。

より健康なライフスタイル、より経済に良いライフスタイルになるための解
決する方法を紹介しながら、ワークショップやディスカションしましょう。

皆さんに会えるのを楽しみにしています。

環境コンサルタント
Peo Ekberg (ペオ・エクベリ)

———————————————————————
■□ プログラム詳細 □■

●第1回
(後半) 持続可能な社会とは? 
(前半) 持続できない社会と温暖化のつながりとは?

(前半)
・世界が目指している「持続可能な社会」(循環型社会)とは?
(地球サミットでは一体なにを決めたの?)
・ビジョンづくり、持続可能な社会づくりのシナリオ:環境先進国日本へ。
(後半)
・最近話題の温暖化って一体なに?(京都議定書=私たちの約束)。
・京都議定書によるEUのCO2排出量削減の目標も達成する過程にありますが、
なぜ日本のCO2排出量が増加?
・温暖化と私たちのライフスタイル(会社や家庭で温暖化を防ぐ方法とは?)

【日程】3月2日(日) 13:30-16:30 (180分)
【場所】三田フレンズ 2階集会室 
(目黒区三田1-11-26、恵比寿ガーデンプレイス至近)
【費用】3,500円

●第2回 エコロジー&エコノミー

・世界情勢と環境&経済の関係(家庭・企業・社会)。
・オフィスでの環境活動とは?
・企業のエコビジネス(環境方針のない会社は企業自殺?)。
・環境先進国の企業における環境方針や事例。
・包括的な環境取り組み=不況の解決?

【日程】3月9日(日) 13:30-16:30 (180分)
【場所】三田フレンズ 2階集会室 
    (目黒区三田1-11-26、恵比寿ガーデンプレイス至近)
【費用】3,500円

●第3回 世界の環境事情

・世界一周環境リサーチの旅で得た情報を基に、世界の環境事情を紹介。
・南米アマゾン熱帯雨林、北米の国立公園、アフリカの野生動物保護、
・アジアの動植物問題や解決する方法。私と世界の環境問題。

【日程】3月15日(土) 13:30-16:30 (180分)
【場所】中目黒パーシモンプラザ (仮)
【費用】3,500円

※ペオさんの講演は、基本的に日本語で行います。

<リピーター特典>
第1回から3回まで、すべてお申し込みをされた方には、参加費用を合計で、1
万円とさせていただきます。また、結果的に3回すべて参加されたことになっ
た方には、第3回目の参加費用を500円引きとさせていただきます。
———————————————————————

<お問い合わせ・お申し込み>

お問い合わせは、青木(hiro@aoki.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青木(hiro@aoki.com)までメール
にてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tokyo Professionals Environmental Program 第 回に申し込みます

お名前:
会社名/学校名/所属団体名等:
性別:
メールアドレス:
連絡欄:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、2日にお会いしましょう!

Hiro

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●このメールは署名も含め全文掲載する条件で、転送自由です。

●バックナンバーはこちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/newsindex.html

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hiro AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 14: 環境に優しいと思うモノを、ひとつ持ってきてください。

Tokyo Professionals Environmental Program

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hiro Aoki [hiro@aoki.com]

News # 14: 環境に優しいと思うモノを、ひとつ持ってきてください。

●Peo さん、またお願いします。

昨年11月に、スウェーデン出身の環境コンサルタント、ペオ・エクベリさん
をお招きして開催したInternational Speaker’s Lounge は、おかげさまで、
大好評でした。

当日の参加者の皆さんからのフィードバックは、こちらでご覧いただけます。

http://www.tokyopros.com/past6-j.html

その後皆さんより、「ぜひ第2弾を開催して欲しい」、「前回は予定が合わず
参加できなかったので、次の機会を作って欲しい」など、たくさんの声を戴
きましたので、再度、ペオさんにお願いをして、3月に3回に分けて、
Environmental Program(環境プログラム)を開催する事になりました。

僕自身、ペオさんにお会いするまで、環境問題には全く関心が無かったので
すが、今では「地球に良き事をしたい」と思っています。

その具体的な行動の一つが、今回のプログラムのオーガナイズです。これを
機会に、環境について一緒に学んでみませんか?

第1回目の事前課題は、

「環境に優しいと思うモノを、ひとつ持ってきてください。」

です。(^-^)/

あなたなら、何を持っていきますか?

※ペオさんのプロフィールは、こちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/speaker/peo.html

以下、ペオさんからのメッセージとプログラムの詳細です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ Tokyo Professionals Environmental Program  □■
■□ 講演、ワークショップ、そしてディスカション! □■

●INTRODUCTION – はじめに

 「環境破壊」。。。「環境保護」。。。
 「エコロジー」。。。「循環型社会」。。。

そもそも、これらの言葉は、どういう意味なんでしょう?

私たちは、

 「何かしなきゃいけなんだろうなあ。。。」

ということを感じてはいても、では、実際には何をしていいのか分からず、
戸惑ってしまっています。

また、環境活動には「コスト」がかかってしまう(?)ので、企業活動として行
っていくことは、現在の不況の下では無理なことなのでしょうか?

 「環境問題」、「持続可能な社会」、「環境と経済」。。。

とても難しく聞こえる言葉ばかりですが、実は、皆さんが思っているよりも、
もっと「簡単!」なことなんです。

そして、皆さんが思っているよりも、ずっと「楽しい!」ことなんです。

僕が生まれたスウェーデンは、「環境先進国」といわれていますが、始まり
はやはり市民ひとりひとりからの意識改革からでした。そして現在では、ス
ウェーデンの企業が、持続可能な社会を達成する過程において、社会をリー
ドしています。

●Environment & Me – 環境と私

環境は誰にでも、何にでも関係があります。私たちが暮らす地球で、今どん
なことが起きているのでしょう。

環境問題を知り、環境保護を学ぶことは、21世紀を生きる私たちにとって大
切なことです。地球は約45億年前に生れました。そのままのバランスを保つ
ことができれば数十億年間生き続けられると言われます。

しかし人間が誕生し、特にこの100年間で地球に非常に大きな影響を与えまし
た。環境問題が起こり、アレルギーや喘息が起こり、地球がだんだん弱って
います。環境保護専門家によると、人間が現在のライフスタイルをこのまま
2世代続けると、100年後地球は私たち人類が生存できない環境になってしま
うということです。また、環境と経済は明らかに関係があります。

環境に優しく暮らすことは地球や人間(健康)に良いだけでなく、家庭、会
社など社会全体に経済的利点がたくさんあります。

より健康なライフスタイル、より経済に良いライフスタイルになるための解
決する方法を紹介しながら、ワークショップやディスカションしましょう。

皆さんに会えるのを楽しみにしています。

環境コンサルタント
Peo Ekberg (ペオ・エクベリ)

———————————————————————
■□ プログラム詳細 □■

●第1回
(後半) 持続可能な社会とは? 
(前半) 持続できない社会と温暖化のつながりとは?

(前半)
・世界が目指している「持続可能な社会」(循環型社会)とは?
(地球サミットでは一体なにを決めたの?)
・ビジョンづくり、持続可能な社会づくりのシナリオ:環境先進国日本へ。

(後半)
・最近話題の温暖化って一体なに?(京都議定書=私たちの約束)。
・京都議定書によるEUのCO2排出量削減の目標も達成する過程にありますが、
なぜ日本のCO2排出量が増加?
・温暖化と私たちのライフスタイル(会社や家庭で温暖化を防ぐ方法とは?)

【日程】3月2日(日) 13:30-16:30 (180分)

【場所】三田フレンズ 2階集会室 (目黒区三田1-11-26)

【費用】3,500円

●第2回 エコロジー&エコノミー

・世界情勢と環境&経済の関係(家庭・企業・社会)。
・オフィスでの環境活動とは?
・企業のエコビジネス(環境方針のない会社は企業自殺?)。
・環境先進国の企業における環境方針や事例。
・包括的な環境取り組み=不況の解決?

【日程】3月9日(日) 13:30-16:30 (180分)

【場所】三田フレンズ 2階集会室 (目黒区三田1-11-26)

【費用】3,500円

●第3回 世界の環境事情

・世界一周環境リサーチの旅で得た情報を基に、世界の環境事情を紹介。
・南米アマゾン熱帯雨林、北米の国立公園、アフリカの野生動物保護、
・アジアの動植物問題や解決する方法。私と世界の環境問題。

【日程】3月15日(土) 13:30-16:30 (180分)

【場所】中目黒パーシモンプラザ (仮)

【費用】3,500円

<リピーター特典>
第1回から3回まで、すべてお申し込みをされた方には、参加費用を合計で、1
万円とさせていただきます。また、結果的に3回すべて参加されたことになっ
た方には、第3回目の参加費用を500円引きとさせていただきます。
———————————————————————

<お問い合わせ・お申し込み>

お問い合わせは、青木(hiro@aoki.com)まで、メールでご連絡ください。

お申し込みは、下記フォームをお使い戴き、青木(hiro@aoki.com)までメール
にてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Tokyo Professionals Environmental Program 第 回に申し込みます

お名前:
会社名/学校名/所属団体名等:
性別:
メールアドレス:
連絡欄:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■お知らせコーナー■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆ Tokyo Professionals February Party ☆★

いよいよ、本日20時からです! 当日受付も大歓迎です!

ユニークなキャリアをお持ちのKNOBさんをお招きして、オーストラリアの先
住民の楽器、「ディジュリドゥ」をテーマに、 Talk & Mini Live を行います。

KNOBさんは、8年前にオーストラリアに旅をした際に、「ディジリドゥ」と運
命的な出会いをされます。その「運命的な出会い」とは、どのようなものか
等々、お話をお聞きしようと思っています。

AINAに響き渡る「天然空洞木の声」をお楽しみください。
———————————————————————

【日時】 :2月22日(土) 20:00~23:00
【会場】 :『AINA』
      東京都渋谷区神南1-4-2 神南ハイム2F
      Tel:03-5728-3728
【地図】 :下記URLよりご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/map-aina.html

【テーマ】:ディジリドゥアーティスト KNOBさんによるTalk & Mini Live
KNOBさんのサイトはこちら。

http://www.knob-knob.com/

【会費】 :下記の通りです。(飲食代込)
 初回参加の方:          男性 6000円、女性 5000円
 現在までの参加回数が1~2回の方:男性 5500円、女性 4500円
 現在までの参加回数が4回以上の方:男性 5000円、女性 4000円

※銀行口座振込は21日で締め切りました。当日受付払いのみとなります。
  当日受付は、上記料金に500円プラスとさせていただきます。

 参加希望の方は、こちらよりご登録ください。

http://www.tokyopros.com/cgi-bin/tkcontactform1/visit/form_submit.pl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●バックナンバーはこちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/newsindex.html

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hiro AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 13:なりたかった自分になれていますか?

  そう言えば、そんなことがあった!

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hiro Aoki [hiro@aoki.com]

News # 13:なりたかった自分になれていますか?

●三宿のハンコ屋のおやじ

1年ほど前、会社を設立するにあたり、友人から、三宿にあるハンコ屋に行
く事を勧められました。

家族、パートナーなどと一緒に、家に有るハンコを全部持っていくと、ハン
コ屋のおやじが、印相を見てくれた上で、新しいハンコを作ってくれるとの
こと。

営業時間は平日の午後1時から5時まで。

 「1時前には、お店の前に列が出来ているの。」

彼女の言う通り、妻 、パートナーと共に、12時半にそのハンコ屋に到着した
時には、寒空の中、すでに5人並んでいました。

●君は高校を卒業してから、つまらない人生を送っている

長い白髪、黒縁の眼鏡を掛けたハンコ屋のおやじが、2階の作業場から降り
てきました。

 「持ってきたハンコを見せて下さい。」

まずは、ハンコ屋のおやじは、妻のハンコを見ながら話し始めました。

驚いた事に、ハンコ屋のおやじは、当時妻の周りで起こっている様々な出来
事を、すべて言い当てました。もしかしたら、ハンコ屋を紹介してくれた彼
女が、事前に僕に関する情報を、ハンコ屋のおやじにリークしていて、彼女
に紹介料が支払われるビジネスモデル、、、などと疑いたくなるほどでした。
(^^;

次に、ハンコ屋のおやじは、僕のハンコを手に取り、しげしげと眺めて、こ
う言いました。

 「君は、高校を卒業をしてから、本当につまらない人生を歩んでいるね。
  何故なんだろうなあ。。。」

 「えっ。。。」

そんなはずはない。僕は、自分の希望するような会社に入社して、海外40
数カ国に行く事ができた。その後、ヘッドハントで転職もし、海外現地法人
の社長も勤めた。。。

●進路指導面談

ハンコ屋のおやじの言葉に納得出来ないまま、暫く経ったある日のこと。

突然、高校2年生の時の「進路指導面談」の事を思い出しました。

 「先生、僕は美大に行きたいんです。」(僕)

子供の頃から、絵を描く事が好きでした。

小学校1年生の最初の授業で、黒板に描いたチューリップの絵の事を、今で
も憶えています。他の子たちが、一筆書きのようなチューリップの絵しか描
けなかったのに対して、僕は、一枚一枚の花びらが立体的に重なっている様
子をかいて、先生に誉められました。

 「青木の最近の美術の成績は、いくつだっけ?」(担任の先生)

 「油絵は9、デッサンは7でした。。。」(注:10段階評価)

 「美大に行くなら、最低8、ほとんどが9を取っているくらいじゃないと
  難しいね。」

その晩、両親からはこう言われました。

 「画家になっても、仕事無いぞ。映画館の看板でも描くか?」(父)

 「絵が好きだったら、趣味でやればいいのに。」(母)

大好きな絵を描く事を、仕事にしてしまうことで、好きな事が一つ減ってし
まうかもしれない。

僕は、美大受検をあきらめ、代わりに、英語を勉強したいと思う様になり、
それに適した大学を受験することを選択しました。

●もし、美大に行っていたら

客観的な評価基準から、冷静にアドバイスをしてくれた担任の先生に感謝を
していますし、相変わらず出来の悪い息子を心配して、この歳になっても、
あれこれと忠告してくれる両親に対しては、とても有り難いと思っています。

でも、最近、「もし、美大に行っていたら」と、思うことがあります。

それは、高校時代の選択を、後悔しているという意味ではありません。

高校時代の進路選択を振りかえってみてわかった事は、今、自分がこの状態
にあるということは、両親の所為でも、担任の先生の所為でもない。誰の所
為でもなく、すべては、自分の一つ一つに選択の積み重ねであるということ。

そして、今この瞬間も、様々なことを選択し続けていて、その積み重ねが僕
の人生になっいるということです。(^-^)

●KNOBさんのインタビュー(仮想設定問答)

Tokyo Pros. 22日のイベントは、ディジリドゥ奏者のKNOBさんをお招きして、
Talk & Mini Live を行います。当日は、なんと、僕がインタビューアーを務
めることになりました。

そこで、以下は、当日に向けて僕が創作した仮想問答です。(^^;

 「僕は芸能界のことを詳しくは知らないのですが、「アイドルグループ」
と、「ディジリドゥ奏者」との間には、凄くキャップがあると思うんです。」
(僕)

 「実は、僕自身、「サラリーマン」から「独立」というキャリアの転換の
過程にあって、そのギャップの大きさを痛感しています。簡単な言葉で言っ
てしまうと、「サラリーマン根性」が、抜けないんですよ。(笑) 毎月25
日になると、口座に自動的に給料が振りこまれている、そんな感覚が今でも、
頭のどこかにあることに気がついて、はっとすることがあります。」(僕)

 「正直に言うと、僕がKNOBさんに興味を持つようになったきっかけは、ディ
ジリドゥ奏者としてのKNOBさんではなくて、「CHA-CHA」から、「ディジリドゥ
・アーティスト」へという、大きなキャリアチェンジをされているプロセス
に、とても共鳴する部分があって。KNOBさんのお話を聞く事で、僕自身のキャ
リアチェンジを進める上で、なにかに気付くことができるのでは、という事
を思ったからなんです。」(僕)

 「僕は、音楽とか、ダンスとか、色々なものに形とか型が出来あがってし
まっているけど、ある時、そんなものは一切いらないんじゃないか、と思う
ようになったんです。当時、芸能界には、価値観やしきたりの押し付け、君
はこうしなさい、こう振舞いなさい、というようなものがたくさんあって。
また、上下関係も厳しかった。」(KNOBさん)

 「ある会社の企業文化に馴染めずに苦しんでいた、僕の経験に似ています
ね。(笑) 芸能界というところは、もっと自由にやれているのかと思ってい
ました。」(僕)

 「僕が属していた環境が、特にそうだったということもあるのかもしれま
せん。面白い事に、アボリジニの社会には、上下関係というものが無く、皆
平等なんです。」(KNOBさん)

 「そうなんですか。僕は、酋長のような人がトップにいて、プラミット型
の社会が出来あがっているのかと思っていました。」(僕)

 「君は獲物を見つけるのが得意、僕は狩りをするのが得意、あの人は料理
が得意と言うように、お互いがお互いを尊重しあっていて、社会が出来あがっ
ているんです。また、所有という概念がなく、取ってきた獲物もみんなでシェ
アするんですよ。」(KNOBさん)

 「なるほど。じゃあ、中間管理職みたいなポジションの人もいないんです
ね。(笑)。ところで、先日タントラでのKNOBさんのライブを見ました。僕は、
ディジリドゥというと、どうしても民族的なイメージを持っていたんです。
でも、KNOBさんの演奏スタイルは、都会的ですよね。」(僕)

   http://www.knob-knob.com/tantraphoto.htm
    2003年1月25日 『透明思考』Live (渋谷タントラ)の模様

 「常に東京ということは意識しています。もちろん、僕も民族的なスタイ
ルは大好きなんですよ。でも、僕がそれをやってしまうと、今まで僕がやっ
てきた事が嘘になってしまう。それに、ディジリドゥを東京でやるという意
味も考えています。」(KNOBさん)

 「僕も、大企業のサラリーマンだったって言うキャリアや、その当時にや
ってきた事を、すべては否定できないんですよね。もちろん、サラリーマン
根性が抜けなくて、恥ずかしい部分もありますけど、その時の経験や職歴は、
自分自身の物語として、大切にしたほうが良いのだと思うようになりました。
ところで、プロフィールを見ると、KNOBさんも、イルカが大好きなんですね。」
(僕)

 「イルカは、人間よりもはるかに優れた動物なんじゃないか、と思うんで
すよ。たとえば、地球の8割以上が海。つまり、海で行動するイルカは、地
球の8割以上のことを知ってことになるわけですから。」(KNOBさん)

 「イルカに向かって、ディジリドゥを吹いたことがあるんですよね。」(僕)

 「ジャックマイヨールがイルカと共に海に潜った時に、深海では、「ゴォー
ン」という音が鳴り響いていたそうです。その音がディジリドゥの音に似て
いるような気がしたんです。」(KNOBさん)

 「地球の音?で、実際、イルカ達に吹いてみて、どうなりました?!」(僕)

続きは、22日、AINAで。

Hiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■お知らせコーナー■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Tokyo Professionals 2月は、ユニークなキャリアをお持ちのKNOBさんをお招
きして、オーストラリアの先住民の楽器、「ディジリドゥ」をテーマに、Talk
& Mini Live を行います。

KNOBさんは、8年前にオーストラリアに旅をした際に、「ディジリドゥ」と運
命的な出会いをされます。その「運命的な出会い」とは、どのようなものか
等々、お話をお聞きしようと思っています。

AINAに響き渡る「天然空洞木の声」をお楽しみください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆ Tokyo Professionals February Party ☆★□

【日時】 :2月22日(土) 20:00~23:00
【会場】 :『AINA』
      東京都渋谷区神南1-4-2 神南ハイム2F
      Tel:03-5728-3728
【地図】 :下記URLよりご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/map-aina.html

【テーマ】:ディジリドゥアーティスト KNOBさんによるTalk & Mini Live
KNOBさんのサイトはこちら。

http://www.knob-knob.com/

【会費】 :下記の通りです。(飲食代込)
 初回参加の方:          男性 6000円、女性 5000円
 現在までの参加回数が1~2回の方:男性 5500円、女性 4500円
 現在までの参加回数が4回以上の方:男性 5000円、女性 4000円

※2月20日までに指定銀行口座までお振込みください。
  当日受付支払は、上記料金に500円プラスとさせていただきます。

 参加希望の方は、こちらよりご登録ください。

http://www.tokyopros.com/cgi-bin/tkcontactform1/visit/form_submit.pl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●このメールは署名も含め全文掲載する条件で、転送自由です。

●バックナンバーはこちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/newsindex.html

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hiro AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 12:岸本さん、中村隊長、ありがとう!

   君も隊員にならないか!

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hiro Aoki [hiro@aoki.com]

News # 12:岸本さん、中村隊長、ありがとう!

●岸本さんに感謝

1月25日に行われたTokyo Professionals New Years Party は、「アラスカの
オーロラ」というテーマで、岸本明子さんにお話をしていただきました。

当日のレポートは、こちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/past9.html

11月に実際にアラスカでオーロラの取材をされた岸本さん。

「ぜひ、Tokyo Professionals で、オーロラの話しをしてください!」という、
僕のわがままを、快く受け入れてくれたおかげで、今回のイベントは実現し
ました。

後日、岸本さんから、こんなメッセージが届きました。

> いろいろと言い忘れてしまったこともありました。
> たとえば太陽の活動周期から見て、
> 今年の3月がオーロラを見るには一番良い時期で、
> こんな波はあと11年待たないと来ない、とか、です。

岸本さん、楽しいスピーチ、そして、貴重な情報、有難うございました!

●僕が理想とする『あいのり』の旅(*1)

僕は、アラスカには行った事がありません。イベントの前日、実際のアラス
カへの旅はいかなるものか、株式会社エクスプローラさんをお訪ねし、お話
を聞きしてきました。

突然の訪問にもかかわらず、同社代表取締役の中村さん直々に、お話をして
いただきました。

さて、同社が提供するツアーのブランド名は『地球探検隊』、コンセプトは、
『おとなの修学旅行』とのことです。

 「ええと、うちの隊員たちは、、、」(中村さん)

同社では、ツアー参加者のことを、「お客様」ではなく、「隊員」と呼んで
いるそうです。当然、中村さんは「隊長」です。

(と言う事で、以後、中村隊長とお呼びします。)

昨年末に行った、『キャンピングカーで行くフロリダ』ツアー。10台弱のキ
ャンピングカーを連ねて、ひたすらフロリダを走り続けるというもの。寝泊
りも、キャンピングカーで、車と車の連絡は、無線を使って行ったとの事。

 「隊員たちは、寝泊りもキャンピングカーの中。朝から晩まで、同じ車の
  メンバーと一緒にいることになるので、通常のツアーより、車ごとの隊
  員たちの親密度の高まり方が凄いんですよ。」(中村隊長)

中村隊長のお話をお聞きしながら、ふと思った事が、

 「これこそ、僕が理想とする旅、
  無理に恋愛をしなくて良い『あいのり』だ!」、

と言う事でした。

恋愛に気を取られることなく、純粋に旅を楽しむことができる車の旅。無理
に恋愛する必要はなく、もちろん「告白」をして結ばれた後も、「キスして
帰国」する必要もなく、一緒に旅を続けられる。そんな、『あいのり』があっ
たら良いなあと、常々思っていたのでした。(^-^)

●僕があこがれる『サバイバー』の旅(*2)

キャンピングカーでの旅の途中、映画『トゥルーライズ』のクライマックス
にも登場する、セブンマイルブリッジに通りかかった時のこと。

一人の隊員から、

 「この橋を、車で通過するのではなく、自分の足で走ってみたい!」

と、声が上がったそうです。

さらに、その提案に賛同する隊員が4人も。全長約10km、キャンピング
カーは伴走し、他の隊員たちからの声援を受け、約1時間で全員完走したとの
ことです。

中村隊長のお話をお聞きしながら、その橋を走る4人の隊員と、伴走するキャ
ンピングカーから聞こえる声援を、思い浮かべていました。

 「いいなあ。これこそが、僕があこがれる旅、
  追放審議会の無い『サバイバー』だ!」

チームの仲間が、他の隊員のアドベンチャラスな頑張りと成功を素直に応援
でき、喜べる。メンバーを追放する必要もないので、変な画策も、裏の策略
も不要。メンバー同士が協力して、アウトドアライフを楽しめば良い旅。

良いですね。(^-^)

でも、それじゃ、番組が成立しないか。(^^;

●中村隊長、感謝! そして、皆さんにも

Tokyo Professionals の参加者の皆さんに、どうしても中村隊長をご紹介し
たくなり、無理をいって、翌日のイベントに御参加いただきました。

突然のお願いにもかかわらず、快く御参加いただいた中村隊長に感謝です。
有難うございました!

「地球探検隊」、旅が終わった後の交流会も、盛り上がりっているそうです。

次回は、2月14日、テーマは「メキシコ・キューバ・中米の夕べ」だそうです。
詳細はこちらから。

http://www.expl.co.jp/etc/event/index.html

また、『地球探検隊』のメルマガは、こちらから登録できます。
隊員になれます。

http://www.expl.co.jp/mm/index.html

そして、当日御参加いただいた、皆さんに感謝。有難うございました!

Hiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■参考URL
(*1)『あいのり』 http://www.fujitv.co.jp/jp/ainori/
(*2)『サバイバー』 http://www.tbs.co.jp/survivor/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■お知らせコーナー■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Tokyo Professionals 2月は、ユニークなキャリアをお持ちのKNOBさんをお招
きして、オーストラリアの先住民の楽器、「ディジリドゥ」をテーマに、Talk
& Mini Live を行います。

KNOBさんは、8年前にオーストラリアに旅をした際に、「ディジリドゥ」と運
命的な出会いをされます。その「運命的な出会い」とは、どのようなものか
等々、お話をお聞きしようと思っています。

AINAに響き渡る「天然空洞木の声」をお楽しみください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆ Tokyo Professionals February Party ☆★□

【日時】 :2月22日(土) 20:00~23:00
【会場】 :『AINA』
      東京都渋谷区神南1-4-2 神南ハイム2F
      Tel:03-5728-3728
【地図】 :下記URLよりご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/map-aina.html

【テーマ】:ディジリドゥアーティスト KNOBさんによるTalk & Mini Live
KNOBさんのサイトはこちら。

http://www.knob-knob.com/

【会費】 :下記の通りです。(飲食代込)
 初回参加の方:          男性 6000円、女性 5000円
 現在までの参加回数が1~2回の方:男性 5500円、女性 4500円
 現在までの参加回数が4回以上の方:男性 5000円、女性 4000円

※2月20日までに指定銀行口座までお振込みください。
  当日受付支払は、上記料金に500円プラスとさせていただきます。

 参加希望の方は、こちらよりご登録ください。

http://www.tokyopros.com/cgi-bin/tkcontactform1/visit/form_submit.pl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●バックナンバーはこちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/newsindex.html

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hiro AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 11:大きくなったら何になりたい?

    運命的な出会いとは。。。

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hiro Aoki [hiro@aoki.com]

News # 11:大きくなったら何になりたい?

●僕が3歳の時になりたかったもの

熊本の祖母の家に、3歳の僕と祖母との会話を録音したテープレコーダーが、
未だ残っています。

 「浩ちゃんは、大きくなったら何になりたいの?」(祖母)

 「ちゅう・ちゅう・しゃ。。。。。」(3歳の僕)

 「うん?」

 「ちゅうちゅうしゃ。ちゅうちゅしゃ。」

 「ああ、救急車ね。」

母の説明によると、その日僕は祖母の家に来る途中、赤いサイレンを鳴らし、
猛スピードで走り去る救急車に出会ったとの事です。3歳の僕には、その光景
がとても印象的だったようです。

 「ちゅうちゅうしゃ。ちゅうちゅうしゃ!ちゅうちゅうしゃ!!」

そう、僕は3歳の時、救急車になりたかったんです。(^^;

●自慢の写真

僕が小学5年生の時、父は研修でヨーロッパ数カ国を訪ねました。もちろん海
外へ旅行をするのは初めてのことでした。

帰国した父は、僕にある一枚の写真を見せ、とても自慢げにこう話しました。

 「ヨーロッパは陸続きだから、バスで隣の国にいけるんだ。
  この写真はドイツに入国するところ。
  イミグレーションも車に乗ったままでやるんだよ。」

 「この写真の彼が税関員。ちょうどパスポートを手渡す瞬間さ。
  いやあ、良いタイミングで写真が撮れたなあ。これは凄い写真だ!」

そうか、そうなんだ。陸続きということは、そう言うことなんだ。僕も、
いつかこうやって、国と国を移動してみたいなあ。飛行機で飛び回るよりも、
こうやって陸伝いに海外を動きまわってみたいなあ。

小学5年生の僕は、そう思っていました。そして、その後、その写真のことを
忘れる事はありませんでした。

●願いは叶う、思いは実現する

僕は、社会人になり、希望通り、あるメーカの海外営業部に配属されました。
その時から現在まで、海外41カ国を訪れることができました。

今までに僕が訪れた国は、次の通りです。

———————————————————————
 クエート、バーレン、オーマン、カタール、イスラエル、パキスタン、
 ネパール、インド、ホンコン、シンガポール、マレーシア、フィリピン、
 タイ、中国、台湾、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、
 メキシコ、パナマ、コロンビア、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、
 ブラジル、ハンガリー、ポーランド、ユーゴスラビア、
 チェコ・スロバキア、旧ソ連、ロシア、イギリス、ドイツ、オランダ、
 スペイン、ベルギー、ギリシャ、フランス、スイス
———————————————————————

それぞれの国に入国するたびに、父のあの写真のことを思い出していました。

札幌の父に頼んで、その写真を送ってもらうことにしました。もう、30年以
上前の写真でしたが、未だアルバムに残っていました。

 「何に使うんだ、この写真?」

僕は、それが自分の進路を決めた重要な写真であること、その写真がきっ
かけで、海外の国々を動き回る仕事をしたいと思うようになったことを話
しました。

 「じゃあ、この写真が悪影響を与えたんだな。」

当時、父はあれほど自慢をしていたのですが、今ではその写真の存在さえも、
忘れていました。

その写真を見るのは30年ぶりです。

でも、僕の記憶の中に残っているイメージと全く同じでした。

http://www.tokyopros.com/border.html

●運命的な出会い

さて、2月の東京プロフェッショナルズのイベントは、22日(土)、渋谷『AINA』
で開催します。元『少年忍者』、『CHA-CHA』のメンバー、現在はオーストラ
リア先住民アポロジニの楽器、ディジリドゥの奏者として活動をされている
KNOBさんをお招きして、Talk & Mini Live を行おうと思います。

KNOBさんは、8年前にオーストラリアを訪ね、そこでディジリドゥと運命的な
出会いをされます。「芸能界からディジュリドゥ・アーティストへ」という
「キャリア・チェンジ」、また、そもそも「運命的な出会い」とは、どのよ
うに引き起こされるものなのか等についても、お話をお聞きしたいと思って
います。

では、22日にお会いできるのを楽しみにしています。(^-^)/

Hiro

詳細はこちら。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ Tokyo Professionals Feburary Party ■□

【日時】 :2月22日(土) 20:00~23:00
【会場】 :『AINA』
      東京都渋谷区神南1-4-2 神南ハイム2F
      Tel:03-5728-3728
【地図】 :下記URLよりご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/map-aina.html

【テーマ】:ディジリドゥアーティスト KNOBさんによるTalk & Mini Live
      ※KNOBさんのウェブサイトはこちら。

http://www.knob-knob.com/

【会費】 :下記の通りです。(飲食代込)
 初回参加の方:          男性 6000円、女性 5000円
 現在までの参加回数が1~2回の方:男性 5500円、女性 4500円
 現在までの参加回数が4回以上の方:男性 5000円、女性 4000円

※2月20日までに指定銀行口座までお振込みください。
  当日受付支払は、上記料金に500円プラスとさせていただきます。

 参加希望の方は、こちらよりご登録ください。

http://www.tokyopros.com/cgi-bin/tkcontactform1/visit/form_submit.pl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●バックナンバーはこちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/newsindex.html

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hiro AOKI / Tokyo Professionals
====================================