Monthly Archives: 12月 2002

News # 08:東欧のクリスマス

 誰に思いを馳せますか?

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hirofumi AOKI [hiro@aoki.com]

News # 08:東欧のクリスマス

●1990年、日本がバブルで浮かれていた頃

1990年9月から、僕はカシオ計算機のハンガリーの初代駐在員として、一人ブ
タペストに駐在していました。

言葉はマジャルー(ハンガリー)語。英語を話せる人は少なく、また同国の
気質なのか、なかなかすぐに友達が出来ず、当時は独身だったために、その
年のクリスマスは一人で過ごす事になりました。

「しょうがない。クリスマスで賑わう繁華街にでも繰り出すか」

と、ブタペストのメインストリート、ベッチー通りに来てみたのですが、ど
うも様子がおかしいんです。

午後3時過ぎくらいから、一つ二つとお店が締りだし、6時過ぎにはすべての
レストランやショップの灯りが消えてしまいました。

その時初めて気がついたのですが、同地では、聖なる夜であるクリスマスは、
皆家に帰り、家族と一緒に過ごすため、レストラン、ショップ、会社はお休
みになってしまうのでした。

夕食を食べていない僕は、ここなら大丈夫だろうと思い、当時ブタペストに
一軒だけあった中国料理屋に行ったのですが、そちらもお休み。スーパーマー
ケットも閉まっていて食料も買えませんでした。

仕方が無いので、その晩は、アパートに帰り、ハンガリー米を炊き、さばの
味噌煮の缶詰とインスタントの味噌汁で晩御飯をすませました。

●女子大生ケイト

翌年僕は、より大きな商売が生まれつつあったポーランドに事務所を移転し
ました。言葉はポーランド語。同地でも知り合いがいるわけではなく、すべ
てゼロから始めなければなりませんでした。

ワルシャワのマリオットホテルに滞在中、時々僕の部屋のハウスキーピング
をしていた女子大生のケイトと話しをする機会がありました。僕は、ケイト
に日中は秘書としてお仕事を手伝ってもらうことにしました。

彼女は仕切屋でした。僕のワルシャワでのアパート探し、事務所物件の契約、
通訳、留守番電話のポーランド語メッセージの録音、弁護士探しなど、言葉
もわからず地の利も無い僕が一人でやっていたら、大変な時間が掛かってい
ただろう事柄が、彼女のおかげでどんどん進んで行きました。

●6人目の食器

1991年のクリスマスは、ケイトの提案で、僕にポーランドのクリスマスを体
験させてくれることになりました。

メンバーは、ケイト、ケイトと同じマリオットでハウスキーピングをしてい
る女友達、NECポーランド事務所勤務のケイトの元彼、半年ほど遅れてワルシ
ャワ駐在になった同僚の福田さん、そして、僕の5名でした。場所は福田さん
の社宅。

ケイトと女友達は、「クリスマスには母がこれを作ってくれた」と、ポーラ
ンドの家庭料理を作ってくれました。僕は、5名分の食器を用意して、盛り付
けをしていたところ、ケイトが

「もう一つ、お皿を出して」

と言いました。

ぼくは、余った料理を取り置きしておくのだなと思い、小さ目のお皿を出し
たところ、

「そんなお皿じゃだめ!」

と、急にケイトが怒り出したのでした。

「そんなお皿じゃ、ゲストに失礼だわ!」

ゲストが来るという話しは聞いていなかったし、状況がわからない僕は、ケ
イトに話しを聞きました。

ポーランドでは、クリスマスの夜、何かの理由で、たった一人で過ごさなけ
ればならなくなってしまった人が、突然自分の家を訪ねてきたとしても、そ
の人を温かく迎え、自分達と同じ食事でおもてなしできるよう、常に家族の
人数+一名のお料理を用意しておくのだそうです。

また、本当はクリスマスに一緒に過ごしたかった「あの人」が、もしかした
ら、突然、クリスマスの夜に訪ねてきてくれるかもしれない。その大切な人
に思いを馳せると言う意味も有るようです。

ケイトには、生き別れのお父さんがいました。クリスマスの夜、ケイトは、
そのお父さんに思いを馳せていたのだと、ぼくは感じました。

●イエス様のビスケット

食事の後、僕達は席を立ち、一人一枚づつイエス様の絵が描かれたビスケッ
トを持ち、二人一組で向い合いました。そして、目の前にいる相手に対して、
自分がどんな思いを持っているか、来年はその人にとってどんな年になって
欲しいかを告げた後、お互いのビスケットを少しづつ割って食べました。

ケイトは、僕の目をみながら、僕にどんな思いを寄せているか、来年は僕に
どうなって欲しいかを話してくれました。

僕は、ケイトに

「来年は、ケイトがお父さんに会えますように。一緒にクリスマスを過ごす
事が出来ますように」

と告げました。

ケイトの目からは涙がこぼれていました。

1991年、日本がまだバブルに浮れていた頃。

クリスマスには、東京のどのレストランも、そしてホテルも予約でいっぱい
だった頃、ぼくは東欧で、こんなクリスマスを過ごしていました。(^-^)

By Hiro

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■お知らせコーナー■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ 1月のInternational Networking Party ★☆

1月の定例会は、1月25日(土)19時から、場所は青山のCO:EXISIT『共存』で行
います。テーマは、一度見ると人生観が変わってしまうという「オーロラ」
です。

詳細は別途ご連絡します。(^-^)/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hirofumi AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 07:『Christmas Party – サルサ踊るさ!』報告

 おへそに力をいれてみませんか?

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hirofumi AOKI [hiro@aoki.com]

News # 07:『Christmas Party – サルサ踊るさ!』報告

●「えいやっ!」とダンススタジオのドアを開けた

Christmas Partyの前日、初めてサルサのレッスンを受けてみる事にしました。

恵比寿にあるスタジオ・ボデギータ、先生はSatomiさん。

(生徒さんは女性ばかりなんだろうな)
(ちょっと恥ずかしいな)

と思いながらも、「えいやっ!」と、スタジオのドアを開けました。

ところが、その日の生徒さん7名のうち、6名が30代前半の男性。

サルサに新しい波が起きつつあるようです。(^-^)

●頭で考えず、心で感じる

Satomiさんの関西弁(?)でのレッスンは、とても心地良いものでした。

「頭でカウントしたらいかん。ドラムやベースのリズムを感じて踊るんや。」

「わかるか?ベースの音・・・・ドゥッドゥ-ン、・・・・ドゥッドゥ-ン」

「ええか、ステップは結果や。右に廻りたいと思ったら、右にまわるんや。
ステップは後からついてくる。」

頭の中で、「いち,にい,さん、しい」とカウントを取り、ステップをどう
踏むかということを考えていると、どうしても足がつかえてしまいます。

ところが、頭ではなく、身体でリズムを感じて、楽しみながら右に廻ると、
自然に足が身体についてくるんです。そして、それが結果とし、先生と同じ
ステップにもなってきました。

「頭で考えとったら楽しくないなあ。心で感じたら楽しいやろ。」

まるで、自分の部屋で好きな音楽を聞いて、一人で勝手気ままに身体を動か
している感じ。

「理性ではなく感性でリズムを感じる方法教えるな。踊っている時に、おヘ
ソにぐっと力入れるんや。。。」

「どや、おへそに力いれると、そのことで精一杯で、頭の中が空っぽになる
やろ。簡単やな。」

そもそも僕は腹筋が弱いのか、おへそに力を入れていると、お腹がブルブル
震えだし、頭は思考能力を失い、カウントすることはもはや不可能。

身体だけがリズムを感じることができるようになります。

 ・・・・ドゥッドゥ-ン
 ・・・・ドゥッドゥ-ン
 ・・・・ドゥッドゥ-ン

右に廻る。左に廻る。ステップを意識していないのに、周りの皆とぴったり
ステップが合っているんです。そして、なによりも楽しい。

「これ、モノ考える時にやったらあかんで。」
「何も考えられんようになるからな。(笑)」

●自分はどう見られているのか、ではなく、どうしたいのか。

「踊り方」の説明を聞いているうちに、自分の「生き方」と同じなのだなと
感じました。

人が見て恰好良いステップが踏みたい、つまり、人から評価されたいと、人
の目を意識して生きていた時期。たしかに、周りからすこしは評価を受けた
こともあったかもしれないけれど、その過程では、自分自身ちっとも楽しく
ない。それどころか、苦痛だったこともあったのだと思います。

自分がどっちに行きたいのか、どうしたいと思っているのか、心の声にそっ
と耳を傾けてみました。そして、その声の通りに動いてみました。

右に廻りたい、左に廻ってみたい、

 ・・・・ドゥッドゥ-ン、・・・・ドゥッドゥ-ン

今度は前に、次は後ろに。

 ・・・・ドゥッドゥ-ン、・・・・ドゥッドゥ-ン

えっ?やっぱり、恰好良くないですか?

そうですね。確かに、恰好悪いですよね。

でも、とっても楽しいんですよ。(^-^)

By Hiro

※15日に開催された『Tokyo Professionals Christmas Party – サルサ踊る
さ!』の模様は、こちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/past8.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在ま
でに、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)ま
で。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくだ
さい。

====================================
Hirofumi AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 06:第2回International Speaker’s Lounge 報告

 ユリカさん、デールさん、ありがとう!

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hirofumi AOKI [hiro@aoki.com]

News # 06:第2回International Speaker’s Lounge 報告

●ポズナンへの列車の旅

12月8日、ハワイ在住、ドルフィン・ヒーリング研究家のユリカ・マクラクリ
ンさんと、サイコロジストで写真家であるご主人の、デール・マクラクリン
さんをお招きし、第2回International Speaker’s Loungeを開催しました。

ユリカさんに講演をお願いしてから、

「イルカに人を癒すことができ、なぜ人が人を癒す事ができないのだろうか」

という事をずっと考えていました。

僕の話しをします。僕は12年前、まだ会社員だったころ、社会主義体制の崩
壊直後のポーランドに、初代駐在員としてワルシャワに一人で駐在していま
した。

ワルシャワから汽車に乗って3時間ほどのところに、ポズナンという街があり
ます。そこに優良な代理店がいたため、月に一度の頻度で通っていました。

ポズナンに行くには、早朝6時発の汽車に乗らなければなりませんでした。気
温はマイナス20度。冬だと言うのに、僕が住んでいた地域一帯のセントラル
ヒーティングが故障してしまい、お湯も出ず、暖房もなく、毎朝身体が芯か
ら冷えるという体験をしました。いくら着込んでも、身体をさすっても温か
くならないのです。仕方がないので、ウォッカをストレートで飲み、凍えた
身体が内側から解けていくのを感じました。

折角ワルシャワの駅についても、当時の駅には、行き先を表示する電光掲示
板のようなものはなく、どのホームのどの列車に乗れば良いのかわからず、
言葉も通じないため人にも聞けず、列車に乗り遅れてしまったこともありま
した。朝一の列車を逃すと、次は夕刻まで列車はなく、その日のアポはキャ
ンセルとなりました。

「海外を飛びまわる仕事がしたい」
「世界の地を這い回るような仕事がしたい」

その夢は叶ったものの、やはりこの旅はぼくにとって辛いものでした。

●ポーランドのみかん

いつものようにポズナンからワルシャワへ帰る汽車の中、その日の商談はあ
まりうまく行かず、また、一人駐在事務所という忙しさで、流石に疲れてし
まい、半べそをかきながら、汽車の窓から、延々と続くポーランドの大地の
雪景色を眺めていました。

すると、僕の腕を何かがつつく感覚がありました。振り返るとそこには、6歳
と4歳くらいのポーランド人の男の子の兄弟が立っていて、ぼくに、みかんを
二つ差し出していたのでした。

最初は何のことかわからず、きょとんとしていると、お兄さんの方が

「これ、あげる」

とポーランド語で言っているようなんです。お兄さんの後ろで、まだ小さな
弟が、微笑んでいました。

「えっ?、、、ぼくに、くれるの?」

日本語で答えたら、二人は、「うん、うん」とうなづいていました。

「バルゾ・ドブレ(とっても、おいしいよ)」- 兄

「どうして、泣いているの?疲れているの?」- 兄

淋しくて、疲れて、お腹もすき、ため息をついていた僕をみて、二人が、僕
を元気づけるつもりで、みかんをくれたのだと思います。

ひょっとしてと思い、周りを見渡しましたが、彼等の両親の姿は有りません
でした。親に言われたのではなく、小さい二人が、自然にそうしてくれたの
だと思います。ポーランドの汽車で旅をする怪しげな東洋人(僕)に、声を
掛ける事は、恐くなかったのでしょうか。

「ジンクイエ・バルゾ(どうもありがとう)」- 僕

二人が立ち去ったあと、僕はみかんを食べました。二つのみかんは、形はい
びつで、大きさは不ぞろい、日本のみかんのように甘くはありませんでした
が、ポーランドの大地のようにしっかりとした味でした。

●僕の中のイルカ

思い起こせば、僕が子供のころは、見かけない子、新しい子が公園にいたら、

「どこからきたの?」
「一緒に遊ぼう!」
「何して遊ぶ?」

と、まったく躊躇することなく、声をかけていたのだと思います。

また、誰か泣いている子を見ると、

「どうしたの?」
「お腹すいたの?」
「転んだの?」

と、声をかけていたのだと思います。

それが、いつの日からか出来なくなってしまっている自分に、ユリカさん、
デールさんのお話をお聞きして、気づく事ができました。

●またやりましょう!

ユリカさんが講演をされている時、デールさんが隣で、ユリカさんの背中を
優しくさすってあげて、ユリカさんと目があうと、微笑みかけていました。

とても、素敵なお二人でした。

ユリカさん、デールさん、ありがとう!

近いうちに、第2弾をやりましょう!

By Hiro

※当日の参加者の方々からのフィードバック(一部抜粋)とお写真は、こちらか
らご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/past7-j.html

□■お知らせコーナー■□ 締め切り間近です!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ Tokyo Professoinals Christmas Party ☆★

ホームページにありますように、12月15日の定例会はクリスマスーパー
ティーです。皆様のご参加をお待ちしてます。場所は中目黒にあるGT Plaza
Hallと変わります。ホームページにある地図をよくご確認ください。
またこの日は特別にサルサ・ダンスの先生をお呼びして、ちょっとしたサル
サ無料レッスンを開催します。みんなで踊って、楽しいクリスマスパーティー
にしましょう。

デイヴィッド ライト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Tokyo Professionals Christmas Party – サルサ踊るさ!』

【日時】12月15日(日) 18:30-21:00
【場所】中目黒GTプラザホール
【住所】目黒区上目黒 2-1-3
【会費】女性5000円 男性6000円(Free Foods & Drinks)
    但しリピートメンバーの方は
    女性4000円 男性5000円(Free Foods & Drinks)
※ お食事は、Fujimamas からのケータリング、アジア創作料理です。

参加を希望される場合は、下記よりご登録ください。

http://www.tokyopros.com/cgi-bin/tkcontactform1/visit/form_submit.pl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在まで
に、International Networking Party、または International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)まで。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくださ
い。

====================================
Hirofumi AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 05:「どうするアイフル」のイメージでお読みください。

 あんた、サンタ?

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hirofumi AOKI [hiro@aoki.com]

News # 05:「どうするアイフル」のイメージでお読みください。

● 考えるのに1時間かかった。

「あんた、サンタ?」

「トナカイとなかいい?」

「中目黒、長め?風呂」

「GTプラザホール、爺とピザを食う」

「東京プロフェッショナルズ、どう?今日風呂入ってくる?」

「クリスマスプレゼント、無理します。どたばたと。」

「メリークリスマス、なにい?休みます?」

「ディビッド・ライト、たまにはババンと」

「フジママスのケータリング、うちのママのシュノーケリング」

        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、
        、

『サルサ、踊るさ – Tokyo Professionals Christmas Party』
12月15日(日)18:30pm~21:00pm 中目黒GTプラザホールにて

参加お申込みがまだの方、お急ぎください!

By Hiro

□■お知らせコーナー■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ Tokyo Professoinals Christmas Party ☆★

ホームページにありますように、12月15日の定例会はクリスマスーパー
ティーです。皆様のご参加をお待ちしてます。場所は中目黒にあるGT Plaza
Hallと変わります。ホームページにある地図をよくご確認ください。
またこの日は特別にサルサ・ダンスの先生をお呼びして、ちょっとしたサル
サ無料レッスンを開催します。みんなで踊って、楽しいクリスマスパーティー
にしましょう。

デイヴィッド ライト

当日、ご希望の方がいらっしゃれば、ダジャレ大会もやります。(^-^)
いらっしゃれば、、、、ですけど。

Hiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Tokyo Professionals Christmas Party – サルサ踊るさ!』

【日時】12月15日(日) 18:30-21:00
【場所】GTプラザホール
【住所】目黒区上目黒 2-1-3
【会費】女性5000円 男性6000円(Free Foods & Drinks)
    但しリピートメンバーの方は
    女性4000円 男性5000円(Free Foods & Drinks)
※ お食事は、Fujimamas からのケータリング、アジア創作料理です。

参加を希望される場合は、下記よりご登録ください。

http://www.tokyopros.com/cgi-bin/tkcontactform1/visit/form_submit.pl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在まで
に、International Networking Party、もしくは International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)まで。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくださ
い。

====================================
Hirofumi AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 04:第1回International Speaker’s Lounge 報告

 ペオさん、ありがとう!

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hirofumi AOKI [hiro@aoki.com]

News # 04:第1回International Speaker’s Lounge 報告

●ペオさんに、会って思ったこと。

11月30日、スウェーデンの環境コンサルタント、ペオ・エクベリさんをお招
きし、第1回International Speaker’s Loungeを開催しました。

実は、僕は弟がスウェーデンに駐在している関係で、スウェーデンには興味
があったのですが、環境問題自体にはあまり関心がありませんでした。

理由は、「自分には関係のない事」という気持ちからです。

「50年後に世界人口は、現在の1.5倍の93億人となる一方で、地球上の農地 
 面積はすでに上限に達しているため、世界的な食料危機が発生する。」

「100年後には最大88センチも海面が上昇することが予想さている。
 仮に1メートル上昇すると、オランダ、バングラディッシュ、太平洋の島々
 などの国々では、国土の大半が水没する」

 (参考:『地球が危ない!』地球危機管理委員会・編)

確かにこれらは深刻な問題です。しかし、僕は、50年後、ましてや100年後に
は、間違い無く死んでしまっているから、直接関係は無いだろう。それに、
僕には子供がいないので、「次の世代に、住みやすい環境を残してあげたい」、
という思いが、心からわいてくるわけではありませんでした。

ところが、ペオさんの講演の準備を進めているうちに、ふと、こんなことを
考えるようになったんです。

例え僕が死んで、肉体が無くなったとしても、この意識体は消えることはな
く、別の場所で別の人間として生まれ変るかもしれない。そして、そこは、
食料危機に苦しむ50年後の中国かもしれないし、まさに海面下に沈もうとし
ている100年後のバングラディッシュかもしれない。

「なぜ、こんな目に合うのだろう。僕は何も悪い事をしていないのに。」

でも、実は僕の意識体が前世で、環境に対して悪いことをしていたことを忘
れてしまっているだけで、今度は、生まれ変わった僕に、そのことがふりか
かっている。。。。。

ペオさんにお会いしてから、こんなふうに思うようになりました。

ペオさんの講演のレポート、参加者の方々からのフィードバック、写真は、
こちらからご覧になれます。

http://www.tokyopros.com/past6-j.html

ペオさんには、近々、第2回目の講演をお願いしたいと思っています。

ペオさん、ありがとう! 

By Hiro

□■お知らせコーナー■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ 第2回International Speaker’s Lounge ★☆

次回のスピーカーとして、ハワイ在住、ドルフィン・ヒーリング研究家のユ
リカ・マクラクリンさんをお招きします。

【テーマ】  :『イルカと逢って、聞いたこと
          - ハワイアンリラックスのすすめ 』
【スピーカー】:ユリカ・マクラクリン Yurika Nozaki McLaughlin
【日時】   :2002年12月8日(日) 19:00-22:00
【場所】   :Cafe Lounge 『AINA』 東京都渋谷区神南1-4-2 2F
【会費】   :5000円(食事付)
【締め切り】 :2002年12月5日(木)まで

※ユリカさんの講演は、日本語で行われます。

 詳細はこちらから。締め切り間近です。お急ぎください!

http://www.tokyopros.com/upcoming.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★ Tokyo Professoinals Christmas Party ☆★

ホームページにありますように、12月15日の定例会はクリスマスーパー
ティーです。皆様のご参加をお待ちしてます。場所は中目黒にあるGT Plaza
Hallと変わります。ホームページにある地図をよくご確認ください。
またこの日は特別にサルサ・ダンスの先生をお呼びして、ちょっとしたサル
サ無料レッスンを開催します。みんなで踊って、楽しいクリスマスパーティー
にしましょう。

デイヴィッド ライト

『Christmas Party』のお申し込みはこちらから

http://www.tokyopros.com/cgi-bin/tkcontactform1/visit/form_submit.pl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在まで
に、International Networking Party、もしくは International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)まで。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくださ
い。

====================================
Hirofumi AOKI / Tokyo Professionals
====================================

News # 03:第2回International Speaker’s Lounge + Christmas Party

 もうあと1週間しかないんですけど。。。。

   東京プロフェッショナルズ
~Tokyo Professionals’ Newsletter ~

By Hirofumi AOKI [hiro@aoki.com]

News # 03:第2回International Speaker’s Lounge + Christmas Party

●時間的に間に合いますか?

次回のスピーカーとして、ハワイ在住、ドルフィン・ヒーリング研究家のユ
リカ・マクラクリンさんに、「日本に帰国される時に合わせて、、」と言う
ことで、講演の依頼のメールを送ったのは11月28日。

翌朝29日、ユリカさんから、早速お返事が届いていました。

 「11月27日から12月12日まで日本に戻ってきています。
  時間的に間に合いますか?」

なんと、ユリカさんは、僕がメールをお送りした前日に日本に帰国されてい
たのでした。

どたばたと、29日中に講演場所を決め、昨日30日は、スェーデンの環境コン
サルタント、ペオさんをお招きして開催した第1回目のInternational
Speaker’s Loungeが無事終了。今やっとこのメールを書いています。

ということで、12月8日(日)19時から渋谷で、第2回目のInternational
Speaker’s Loungeを開催することになりました。

1週間後、来週の日曜日です。ご都合いかがですか?

参加を希望される方は、青木までメールでご連絡ください。

☆★☆ 『第2回International Speaker’s Lounge』のお知らせ ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【テーマ】  :『イルカと逢って、聞いたこと
                  - ドルフィン・ヒーリング 』(仮)
【スピーカー】:ユリカ・マクラクリン Yurika Nozaki McLaughlin
【日時】   :2002年12月8日(日) 19:00-22:00
【場所】   :Cafe Lounge 『AINA』 東京都渋谷区神南1-4-2 2F
【会費】   :5000円(ブッフェスタイルの飲食付)
【締め切り】 :2002年12月5日(木)まで

※ユリカさんの講演は、日本語で行われます。
※講演の後に、パーティを開催します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ユリカ・マクラクリンさん、プロフィール

DLコミュニケーションズ代表。ハワイ島在住。著述家。

東京生まれ。10年間勤務した電通を退社後、イルカと泳ぐことに魅せられ世
界の海でイルカと泳ぐ。数々のヒーリング体験で、ありのままの自分を取り
戻し、人生の大変革を体験。以後、人がその人らしく輝いて生きていかれる
ための各種プログラムをハワイ、日本、バハマで提供。愛に溢れ、常識にと
らわれない自由な発想と生き方は多くの人の共感を呼び、ワークショップ、
ツアーはいつも口コミでいっぱいになる。2001年結婚を期に、ハワイ島へ移
住。現在に至る。

著書:「イルカと逢って、聞いたこと」(講談社)
   「イルカのアヌーからの伝言」(マガジンハウス)
   「イルカと泳いだみたいに気分がすっきりする本」(大和出版)
   「ハワイアンリラックスのすすめ」(大和出版)
   2003年に「ベストパートナーと結婚する方法」(仮題)出版予定。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな方にお奨めです。

1)仕事で走り回ったこの1年を、しばしわすれて、スローなハワイアン
  ライフスタイルに触れてみたい方。
2)年末にハワイ旅行に行く事が決まっているけれど、どうしても待てずに
  今から、わくわく、ドキドキ盛り上がりたい方
  (ユリカさんのご主人、写真家であるデールさんが編集した、イルカ
   やハワイ島での生活をビデオでご覧いただく予定です。)
3)ドルフィン・スイム、セルフヒーリング、マインドケアに興味のある方
4)ハワイ大好き、イルカ大好き、海大好きな方、等など

では、8日にお会いできるのを楽しみにしています。

ご質問等ございましたら、青木まで。

●David から来た日本語のメール

昨日のSpeaker’s Lounge 後に、David と打ち合わせをしました。

 David 「クリスマスパーティは15日だって前回のパーティでも告知したし、
     ウェブサイトにだって記載してるのに。
     「ところで、クリスマスパーティはいつ?」って、皆から問い合
     わせが来ちゃうんだよ。」

 Hiro 「えっ、そうなの?!」

 David 「やっぱり、コンスタントに皆にお知らせしなければいけないね。」

 Hiro 「OK。じゃあ、David、お知らせの文章を作ってくれますか。
     僕が、明日Newsletterで送りますから。」

 David 「Sure!」

と、僕は当然のことながら、Davidに英文で告知文をお願いしたつもりだったの
に、なんと、Davidは、日本語で作って送ってくれました。

やっぱり、Davidは、日本語がちゃんとできるんだなあ。再認識。

折角なので、そのまま送ります。(^-^)/

David から、『Christmas Party』のお知らせ(日本語)です。

☆★☆ 『Christmas Party』のお知らせ ☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホームページにありますように、12月15日の定例会はクリスマスーパー
ティーです。皆様のご参加をお待ちしてます。場所は中目黒にあるGT Plaza
Hallと変わります。ホームページにある地図をよくご確認ください。
またこの日は特別にサルサ・ダンスの先生をお呼びして、ちょっとしたサルサ無
料レッスンを開催します。みんなで踊って、楽しいクリスマスパーティーにしま
しょう。

デイヴィッド ライト

『Christmas Party』のお申し込みはこちらから

http://www.tokyopros.com/cgi-bin/tkcontactform1/visit/form_submit.pl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールは、Tokyo Professionals’ Newsletterに登録された方、現在まで
に、International Networking Party、もしくは International Speaker’s
Lounge にお申し込み、ご参加された方に送付しています。

●本メール内容へのご意見、お問い合わせは 青木浩文(hiro@aoki.com)まで。

●登録解除は (unsubscribe-news@tokyopros.com)宛て、メールを送ってくださ
い。

====================================
Hirofumi AOKI / Tokyo Professionals
====================================